カスタム変数

webやモバイルアプリのデータを収集し、データドリブン型の意思決定に活かしたり、ビジネス目標に紐づけたりできます。


ビジネスのニーズに応えるデータ

ビジネスニーズは顧客行動と同じように多岐にわたります。そのため、多種多様なニーズに応えられるデータを収集できる機能が必要です。顧客が購入に至るまでに製品を閲覧した回数や、フォーム送信につながった検索語句などのデータが求められます。 

カスタム変数を使えば、測定対象にしたい特定の行動を容易に追跡できます。例えば、顧客がwebサイトにログインしたときにカスタム変数を使用してIDをAnalyticsに渡すことで、それ以降のあらゆる顧客行動をそのIDに関連付けることができます。これにより、個々のビジネスニーズに合ったディメンションを作成できます。

成功イベント変数

カスタム変数(eVar)を使用して、webサイト内のどのディメンションがコンバージョンに貢献しているのかを確認できます。これらの変数は永続的で、Adobe Analytics独自の機能によって相互にドリルダウンできます。

トラフィック変数

トラフィック変数(prop)を使用すると、ページビュー数や訪問数、実訪問者数、滞在時間など、webサイト内の様々なディメンションの人気度を把握できます。

分類

変数を分類してメタデータを追加することで、異なる値をグループ化し、レポートにまとめて表示したり、わかりやすく表示したりできます。

カスタム変数の詳細

カスタム変数の一覧

カスタム変数の一覧をヘルプページでご確認いただけます。

さらに詳しく

様々なカスタム変数の比較

トラフィック変数とコンバージョン変数の違いや固有のメリットについてご説明します。

さらに詳しく

関連機能

マルチチャネルデータの収集

アドビの測定用オープンプロトコルでは、音声や動画、コネクテッドカー、IoT機器、CRM、インターネットなど、あらゆるソースからデータを収集できます。また、JavascriptやモバイルアプリSDKのデータ収集ライブラリを利用することもできます。

リアルタイムデータのビジュアライゼーション

ライブストリーム機能により、未処理のヒットレベルデータのリアルタイムストリームを秒単位で取得できます。

独自のデータ処理

アドビのサーバー側でレポート変数の処理および収集をおこなう手法と、訪問者のセグメンテーションルールを定義する手法により、webサイトで複雑なルールを作成しなくても、あらゆるオンラインデータをリアルタイムでセグメンテーションできます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。