データウェアハウスとデータフィード

顧客データを拡充するために、データウェアハウスの記憶領域の拡張、データの再処理、レポート機能を利用できます。データフィードによって、毎日または毎時間、定期的に生データをバッチ化して配信できます。


生データを活用

収集したデータを活用する方法は多岐にわたります。Analysis Workspaceなどのツールを利用したデータ分析もそのひとつですが、多くの場合、生データを取り込んで書き出し、リマーケティングやアトリビューション、傾向スコアリングなどのより高度な用途に活用することが求められます。アーカイブ化や長期的な分析のために生データを保管することが必要な場合もあります。

アドビのデータフィードを利用すれば、webサイトやモバイルアプリなどのオンラインソースからデータレイクやMicrosoft Azureなどのその他の保存場所へのデータ配信を効率化できます。アドビのデータウェアハウスでは、追加作業なしで膨大な量のデータを書き出し、保管できます。

強力なデータ処理

個々のスケジュール済みレポートやダウンロード済みレポートでは、1回のリクエストで無制限にデータ行を処理できます。

柔軟にフィードを管理

データフィードリクエストを設定、管理し、必要に応じて既存のフィードを変更できます。

包括的なジョブ管理

一元的にあらゆるデータフィードのステータスを監視したり、適切に配信されたかチェックしたり、必要に応じて再実行したりできます。

データウェアハウスおよびデータフィードの詳細

データフィードの活用

このウェビナーでは、Adobe Analyticsでのデータフィードの高度な使用例を紹介し、他のツールと比較しています。

データフィードの利用目的

データフィードの管理UIに関するこのチュートリアルでは、データフィードで何ができるかを説明します。

データウェアハウスの詳細

Adobe Experience Cloudのヘルプページで、概要やベストプラクティス、FAQなど、データウェアハウスの詳細をご確認ください。

さらに詳しく

データフィードの利用目的

Adobe Experience Cloudのヘルプページで、データフィードのベストプラクティスや機能、トラブルシューティングなどをご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

マーケティングアトリビューション

マシンラーニング(機械学習)によって、コンバージョンイベントにつながる様々なチャネルにアトリビューション値を割り当てます。アトリビューション分析では、最も重要な顧客接点に重みを割り当て、顧客の実際のインタラクションパターンにもとづいてチャネルごとに最適なモデルを構築できます。

リマーケティングトリガー

効果的なトリガーのセットを利用することで、主な消費者行動を識別、定義および監視して、ソリューションをまたいだ電子メールなどのコミュニケーションを構築し、訪問者に再アピールできます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。