インテリジェントアラート

データの異常値にもとづくアラートや、ひとつのアラートで複数の指標を示す「積み重ね」アラートを作成、管理できます。


インテリジェントアラートの利点

データを365日24時間にわたりチェックするのは、現実的に不可能です。そのため、トラフィックが特定のベンチマークに達したときや、トラフィック量に通常と異なる増減があったときなど、重要な変化が生じたときに見逃してしまうおそれがあります。

インテリジェントアラートを利用すれば、Adobe Analyticsがデータを監視し、通常と異なる変化が生じたときにすぐにアラートが送信されます。異常値検出機能と連動するアラートは、細かく設定を調節することが可能で、特に重要な変化があったときにトリガーされます。

異常値にもとづくアラート

異常を示すしきい値、変化率または設定したデータポイントの超過/不足をもとにトリガーするようアラートを設定できます。

包括的なアラート管理

アラートがトリガーされる頻度のプレビューを確認したり、自動生成される分析データへのリンクが記載された電子メールやSMSによるアラートを送信したりできます。

積み重ねアラート

複数のアラートを作成しなくても、ひとつの「積み重ね」アラートで複数の指標を追跡できます。

オーディエンスセグメントやデバイス別にアラートをフィルタリング

モバイルのみのディメンションをアラート指標に追加し、トリガーをデバイスで絞り込むことができます。

インテリジェントアラートの詳細

アラートの設定

インテリジェントアラートの利用方法と、重要な変化の見落としを防ぐ異常値検出の仕組みを説明します。

インテリジェントアラートのデモ

このウェビナーでは、インテリジェントアラートをAdobe Analyticsの他の機能と連携させて利用する方法を説明します。

インテリジェントアラートの詳細

Adobe Experience Cloudのヘルプページで、機能やユースケース、FAQなどの詳細をご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

異常値検出

統計モデリングで指標を分析して値の下限、上限、予想される範囲を決めることにより、データ内の予期しないトレンドを自動的に特定できます。予期しない急上昇や急下降が見つかった場合は、レポート上で通知されます。

貢献度分析

データ内の隠れたパターンを発見して統計的な異常値の原因を明らかにし、予期せぬ顧客の行動や範囲外の値、特定指標の突然の上昇や下降の背景にある相関関係を、オーディエンスセグメントをまたいで特定できます。

柔軟な分析

Analysis Workspaceを使えば、堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成できます。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度)をプロジェクトにドラッグ&ドロップして分析します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。