マーケティング分析が明らかにするのはチャネルではなくカスタマージャーニー  

チャネル分析とマーケティング分析は顧客の行動を把握するためのものです。顧客はどこでブランドに関心を示しているのか?どのチャネルが好まれているのか?どの場所でどのエクスペリエンスが最も高いパフォーマンスを発揮しているのか?つまり、優れた顧客体験を構築するために分析をおこなうのです。

データを統合して全体像を把握

データを統合して全体像を把握

確かなことは、この10年でデジタルマーケティングは大きく変わったということです。そうした変化の最たるものは、顧客が企業と接点を持つ際に使用するチャネル数が増大したことです。従来のチャネルはwebサイト、CRM、コールセンター、実店舗だけでしたが、今ではモバイルやIoT機器から、TV、音声アシスタント、コネクテッドカーに至るまで、ありとあらゆるものがチャネルになっています。そしてそれは現在も増え続けています。

複数のソリューションを併用してこうしたチャネルのデータを別々に測定することもできますが、そうした一貫性のない方法では、カスタマージャーニーを総合的に把握することは難しくなります。チャネル分析とマーケティング分析の目的は、あらゆるチャネルのデータを収集して一元化し、リアルタイムで有用な顧客インサイトを提供することです。

ただ、効果的に一元化できたとしても、様々なチャネルのデータを収集するだけでは不十分です。増え続けるデータにすばやく効率的にアクセスし、分析する必要があります。また、データを必要とする社内のあらゆる関係者が、それをおこなえるようにする必要もあります。

つまりチャネルを測定するためではなく、カスタマージャーニーを構築するための分析なのです。

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Adobe Analyticsで収集できるのは、特定のチャネルのインサイトだけではありません。オンラインとオフラインのあらゆるソースのデータを収集して処理できるので、顧客のことを深く理解し、カスタマージャーニー全体を通じて行動を分析できます。アトリビューション、異常値検出およびコホート分析によってマーケティング費用の配分を最適化することで、ROIが向上します。マシンラーニング(機械学習)と自動化ツールを利用してインサイトを収集し、容易に可視化、分析、共有をおこない、すばやくアクションにつなげることができます。

導入のご相談

Westjet

「キャンペーンがどれだけ成功するかを予測できるので、顧客に他のチャネルではなく当社のwebサイトでの予約を促すうえで、どのキャンペーンが最適であるかがわかります」

Ahmed Elemam氏、WestJet、シニアデジタルアナリスト

Westjet

マーケティング分析およびチャネル分析の機能

マルチチャネルデータの収集

アドビの測定用オープンプロトコルでは、音声や動画、コネクテッドカー、IoT機器、CRM、インターネットなど、あらゆるソースからデータを収集できます。また、JavascriptやモバイルアプリSDKのデータ収集ライブラリを利用することもできます。

オフラインデータの統合

CRMなどのオンラインデータと、ロイヤルティプログラムなどのオフラインの企業データを統合し、分析用のディメンションとして追加できます。

柔軟な分析

Analysis Workspaceを使えば、堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成できます。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度)をプロジェクトにドラッグ&ドロップして分析します。

関連トピックス

その他の利点

アトリビューション

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。