マルチチャネルデータの収集

Adobe Analyticsでは、様々な方法であらゆるソース(webサイトや電子メール、キャンペーン、webベースのキオスク、モバイルデバイス、クライアントサーバーアプリケーションおよびインターネットにアクセスできるほとんどのアプリケーション)のデータを収集できます。


未来に対応できるチャネル分析

現代の顧客が企業と接点を持つときに使用するデバイスとチャネルは、増加の一途をたどっています。そのため、カスタマージャーニー全体を通じて顧客の行動を分析することが難しくなっています。 

Adobe Analyticsなら、この問題に対処できます。あらゆるソースのデータを統合できるからです。データ収集方法が柔軟なので、今後生まれる新しいチャネルのデータを収集することも可能です。APIに接続できるあらゆるソースのデータを収集して処理できるので、カスタマージャーニー全体を通じて行動を分析できます。

web

JavaScriptタグを使用して、webサイトやその他のwebベースのシステムからデータを収集できます。クライアント側でwebページに配置したJavaScriptコードによって、ページ、ブラウザー、訪問者のデータがAnalyticsに送信されます。

モバイルまたはその他のデバイス

JavaScriptタグメソッドがトラッキング対象のデバイス、アプリケーションまたはシステムと互換性がない場合は、AppMeasurementライブラリを使用してデータを収集することもできます。AppMeasurementライブラリには、モバイルデバイス(iOS、Android、Windows Phone)用、リッチメディア(Flash-Flex、Silverlight)用および他の言語/フレームワーク(Java、.NET、PHP、XML)用があります。これらのライブラリでは、Data Insertion APIを使用してデータをレポートに渡します。これはデータのバッチアップロードや非リアルタイムのデータ収集にも使用できます。

オフラインおよびサードパーティのデータ

データソースを使用してオフライン指標をアップロードしたり、電子メールや広告配信ベンダーなどの他のデジタルマーケティングシステムからデータをインポートしたりできます。アップロードプロセスでは、レポートと分析のために、指標とデータディメンションを指定して特定のカスタム変数にマッピングできます。

マルチチャネルデータの収集の詳細

データ収集オプションの詳細

様々なデータ収集オプションについて、ヘルプページでご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

タグ管理

Adobe Experience Platform Launchには、手軽なタグ管理を実現する機能と、複数のデジタルマーケティングシステムを横断的にサポートする革新的なデータ収集および配布ツールが備わっています。アドビはその他のあらゆるタグ管理システムもサポートしています。

カスタム変数

webやモバイルアプリのデータを収集し、データドリブン型の意思決定に活かしたり、ビジネス目標に紐づけたりできます。

オフラインデータの統合

CRMなどのオンラインデータと、ロイヤルティプログラムなどのオフラインの企業データを統合し、分析用のディメンションとして追加できます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。