オフラインデータの統合

CRMなどのオンラインデータと、ロイヤルティプログラムなどのオフラインの企業データを統合し、分析用のディメンションとして追加できます。


オフラインのインサイト

顧客をより深く理解するためには、できる限りのことをする必要があります。webサイトやモバイルでのアクティビティを追跡する必要があるのは当然ですが、有用なインサイトの手掛かりになる顧客行動は他にもあります。そうした行動の多くは、オフラインで発生します。

Adobe Analyticsの顧客属性機能では、CRMやその他の企業データシステムからオフラインデータをインポートできます。顧客に最適なエクスペリエンスを提供する助けになるデモグラフィック、ロイヤルティプログラムまたはその他の顧客ベースのデータを統合できます。

訪問者単位での関連付け

顧客属性を訪問者単位で関連付け、以前の行動データにさかのぼってアップロードできます。

ディメンションとして分析

顧客属性をレポートや分析の際のディメンションとして使用し、オフラインの顧客セグメントや顧客特性(ロイヤルティ、デモグラフィックデータ、セールスステージなど)に関するインサイトを得ることができます。

アクションにつなげる

顧客属性はAdobe Experience Cloud全体で利用できるので、パーソナライゼーションの対象に設定したり、属性ベースのキャンペーンを自動化したりできます。

顧客属性の詳細

新しいヒントとテクニック

アドビのブログで情報をチェックし、顧客属性の利用方法をご確認ください。

さらに詳しく

顧客属性の詳細

Adobe Experience Cloudのヘルプページで、ベストプラクティスやデータソース、FAQ、サブスクリプションなど、顧客属性の詳細をご確認ください。

さらに詳しく

顧客属性レポートの作成

Adobe Experience Cloudのヘルプページで、Adobe Analyticsで顧客属性レポートを表示する方法をご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

高度分析

Analysis Workspaceを使えば、堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成できます。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度)をプロジェクトにドラッグ&ドロップして分析します。

マルチチャネルデータの収集

アドビの測定用オープンプロトコルでは、音声や動画、コネクテッドカー、IoT機器、CRM、インターネットなど、あらゆるソースからデータを収集できます。また、JavascriptやモバイルアプリSDKのデータ収集ライブラリを利用することもできます。

オーディエンス分析

Adobe AnalyticsとAdobe Audience Manager(DMP)の製品レベルでの連携により、デモグラフィック情報やサイコグラフィック情報、CRMデータ、広告インプレッションデータなどのオーディエンスデータを任意のAnalyticsワークフローに組み込むことができます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。