リマーケティングトリガー

効果的なトリガーのセットを利用することで、主な消費者行動を識別、定義および監視して、ソリューションをまたいだ電子メールなどのコミュニケーションを構築し、訪問者に再アピールできます。


リマーケティングの変貌

リマーケティングトリガーと言うと、ショッピングカートを放棄した顧客に狙いを付ける方法が代表例として頭に思い浮かぶでしょう。こうした基本的なトリガーは有用ですが、真のデータドリブン型ビジネスで考えられるリマーケティングの中では、ほんの一例にすぎません。多くの電子メールやキャンペーン管理ソリューションで基本的なトリガーは利用できますが、真に効果的なクロスチャネルのリマーケティングプログラムを実施するためには、それだけでは不十分です。 

Adobe Analyticsでは、あらゆるデータをリアルタイムで利用するリマーケティングトリガーを設定できます。Adobe Campaignと併用すれば、即座にアクションできるので、リマーケティングメッセージが的確なタイミングで配信されます。

買い物かごの放棄

買い物かごを放棄した顧客や商品を削除して買い物かごを放棄した顧客向けに、迅速にリマーケティングを設定できます。

アクショントリガー

ニュースレターの購読申し込みや電子メール配信の申し込み、クレジットカードの申請、ロイヤルティプログラムの登録などの後に実行するトリガーを設定できます。

効率的に連携

Adobe AnalyticsとAdobe Campaignをすばやく連携し、リマーケティング戦略を実施できます。

リマーケティングトリガーの詳細

トリガーの活用

Adobe AnalyticsとAdobe Campaignを併用し、容易かつ効率的にリマーケティングをおこなう方法をご覧ください。

トリガーの作成方法

Adobe Experience Cloudのヘルプページで、トリガーのタイプや値、作成方法など、トリガーの詳細をご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

リアルタイムデータのビジュアライゼーション

ライブストリーム機能により、未処理のヒットレベルデータのリアルタイムストリームを秒単位で取得できます。

マルチチャネルデータの収集

アドビの測定用オープンプロトコルでは、音声や動画、コネクテッドカー、IoT機器、CRM、インターネットなど、あらゆるソースからデータを収集できます。また、JavascriptやモバイルアプリSDKのデータ収集ライブラリを利用することもできます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。