タグ管理

Adobe Experience Platform Launchには、手軽なタグ管理を実現する機能と、複数のデジタルマーケティングシステムを横断的にサポートする革新的なデータ収集および配布ツールが備わっています。


効率的なタグ付け

タグはあらゆる分析に欠かせません。タグによって、必要なインサイトのもとになるデータを容易に収集できます。課題は、そうしたタグを効率的に実装して管理することです。 

Adobe Experience Platform Launchは、2013年にリリースしたDynamic Tag Management(DTM)と同じ技術者によって開発された、アドビのマーケティングテクノロジーのエコシステム全体を一元化できる、次世代型のタグ管理システムです。Adobe Experience Platform Launchでは、サードパーティの開発者がAdobe Experience Cloudとの連携を設定して管理し、継続的に更新できます。そのため、アドビとサードパーティのアプリの両方を容易に実装し、顧客データを思い通りに収集して使用できます。

幅広いエクステンションカタログ

各ソフトウェアベンダーが構築や保守を直接おこなうマーケティングテクノロジーを、参照、設定および導入できます。

新しくなったルールビルダー

マーケティングやアドテクノロジーのデータと機能を一元化して、複数の製品を連携できます。

オープンAPI

単一または複数のツールのベースライン実装を自動化できます。

コンポーネントベースの公開

ルール、データ要素、エクステンションをまとめてライブラリを作成し、意図したものだけを公開できます。

タグ管理の詳細

Adobe Experience Platform Launchの概要

アドビの次世代型タグ管理システムであるAdobe Experience Platform Launchの概要、およびDynamic Tag Managementとの違いを説明します。

Adobe Experience Platform Launchのデモ

アドビの製品エキスパートによるAdobe Experience Platform Launchのデモをご覧ください。

Adobe Experience Platform Launchの詳細

機能や利用方法、FAQなど、Adobe Experience Platform Launchの詳細をご確認ください。

さらに詳しく(英語)

関連機能

マルチチャネルデータの収集

アドビの測定用オープンプロトコルでは、音声や動画、コネクテッドカー、IoT機器、CRM、インターネットなど、あらゆるソースからデータを収集できます。また、JavascriptやモバイルアプリSDKのデータ収集ライブラリを利用することもできます。

サードパーティとの連携

データコネクタでは、事前設定されたAPI接続とドラッグ&ドロップで操作できるインターフェイスを利用して、Adobe Analyticsとサードパーティアプリケーションを連携できます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。