Analytics for Video

デュレーション、停止、開始の詳細をほぼリアルタイムで取得し、動画の指標を評価したり、組み合わせて分析します。これにより、顧客の視聴習慣を理解し、高度にパーソナライズされたレコメンデーションを提示してつながりを深めたりするためのインサイトを獲得します。


視聴者を理解することで憶測による意思決定を脱却

今日、携帯電話やタブレット、OTTデバイス、セットトップボックス、ゲーム機など、複数のメディアプラットフォームにおける活動を正確に計測することが可能です。オフラインコンテンツも計測できます。また、獲得したインサイトは利用者の視聴エンゲージメントと深く関連しているので、視聴者がいつ、どこで、どれくらいの時間視聴しているかを把握できます。

収集した主要な指標は、アドビの高度なメディアSDKとAPIによって容易に共有、セグメント化、レビューできます。より詳細に分析したい場合は、収集した動画指標を他のAdobe Analyticsソリューションやデータポイント(オーディエンス分析やモバイルアプリの訪問、人物指標など)と組み合わせて分析します。その結果にもとづいてレコメンデーションをパーソナライズし、視聴者のエクスペリエンスを向上させることができます。

フェデレーテッド分析

視聴状況をより包括的に把握するために、ディストリビューターから動画分析データを受け取って共有します。  さらに詳しく

分単位の同時視聴者数

ライブイベントの動画再生を始めから終わりまで視聴している合計視聴者数を評価します。さらに詳しく(英語)

Quality of Experience指標

オーディエンスへのスムーズでノイズや寸断のない動画配信を確立します。さらに詳しく(英語)

ダウンロードされたオフラインコンテンツの追跡

ダウンロードされた動画配信をオンラインおよびオフラインで追跡し、利用者のエンゲージメントに関する理解を深めます。

リアルタイム指標

トレンドになっている動画をリアルタイムに計測して、人気のあるコンテンツを把握します。さらに詳しく

動画広告分析

広告配信が視聴者にどのような影響を与えるかを理解し、より適切でパーソナライズされたメッセージを配信します。さらに詳しく(英語)

Adobe AnalyticsのAnalytics for Videoについて詳しく見る

デバイスをまたいで視聴状況を測定

デバイスをまたいで視聴状況を測定

アドビのフェデレーテッド分析は、デバイスをまたいでオーディエンスへのリーチを正確に把握します。これがメディア&エンターテインメント企業をどう支援しているか、ご覧ください。

詳しく読む(英語)

視聴デバイスを顧客ごとに把握

視聴デバイスを顧客ごとに把握

Adobe Device Co-opは、デバイスと個人を正確にマッピングし、より一貫性のあるエクスペリエンスの提供を支援します。その詳細をご確認ください。

さらに詳しく(英語)

誰がどのデバイスを利用しているかを把握
TV Everywhereのエクスペリエンスを向上

TV Everywhereのエクスペリエンスを向上

TV Everywhereのシングルサインオン機能は、ユーザーの視聴体験を向上させると共に、視聴者数の追跡記録に役立ちます。詳細をご覧ください。

さらに詳しく(英語)

関連機能

マルチチャネルデータの収集

アドビの測定用オープンプロトコルでは、音声や動画、コネクテッドカー、IoT機器、CRM、インターネットなど、あらゆるソースからデータを収集できます。また、JavascriptやモバイルアプリSDKのデータ収集ライブラリを利用することもできます。

リアルタイムデータのビジュアライゼーション

ライブストリーム機能により、未処理のヒットレベルデータのリアルタイムストリームを秒単位で取得できます。

広告分析

Adobe Analyticsでは、Google AdWordsやYahoo、Bingなどの検索エンジンからインプレッション数、クリック数、コスト、位置、品質の各スコアを容易にインポートできます。これらのトラフィックや費用の指標を、Adobe Analyticsでサイト側のエンゲージメントやリアルタイムコンバージョンに関連付けることが可能です。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。