web分析は心、インサイトは魂  

現代のweb分析では、複雑なセグメンテーションから予測分析ツール、リアルタイムレポートまで、最新のデータサイエンスの粋を集め、それを元のデジタルチャネルに適用します。これにより有用なインサイトが手に入り、顧客の満足度と最終収益の両方を高める判断を下せるようになります。

無価値な指標からの脱却

無価値な指標からの脱却

webサイトは依然としてデジタルマーケティングの中核を担っています。web分析が重要であることに変わりはありません。デジタルマーケティングはチャネルと顧客接点が複雑に絡み合う形に発展しましたが、多くの組織は、依然として10年前と同じweb指標に目を向けています。

現代では、訪問数やページビュー数を集計するだけでは不十分です。本当の意味でwebサイトの力を活かすためには、顧客の行動経路、トラフィックソース、コンテンツの効果およびビデオエンゲージメントを測定する必要があります。誰がwebサイトにアクセスしているのかだけでなく、なぜアクセスしているのかも把握する必要があるのです。どのようなページや商品を提示するのが最適か、顧客が何を探しているのか、ひとつのインタラクションが他のインタラクションにどのように影響するのかを迅速に把握することが重要です。

webサイトはほとんどのデジタルエクスペリエンスの中核を成しているので、web分析はこうした点を把握するうえで重要な役割を担います。しかし分断されたweb分析では、こうした点を把握することはできません。本物のインサイトは、webデータと他のあらゆるチャネルデータを統合し、それらを総合的に分析することで手に入ります。

アドビがお手伝いします


Adobe Analyticsで分析できるのは簡単な指標だけではありません。マシンラーニング(機械学習)や人工知能(AI)などの最新のデータ分析技術を利用して、業界トップクラスのweb分析技術を実現しており、高精度な顧客インサイトを迅速に提供できます。アドビが「The Forrester Wave™: web分析 2017」レポートでリーダーに選ばれているのはそれが理由です。

Analyticsでは、Adobe Senseiを活用し、膨大な量のデータを瞬時に分類、整理および処理できます。webサイトのデータをセグメンテーションしたり、わかりやすく可視化したりできる強力な機能を利用できます。こうした機能はすべて容易に使用できるので、企業内のあらゆるスタッフが自分でインサイトを収集でき、専門的なデータサイエンスの技術は不要になります。

導入のご相談

Progrexion

「Progrexionの顧客になり、以降も継続的にサービスを利用する可能性が最も高いのは、問い合わせてきた顧客です。クロスチャネルのエクスペリエンスを強化して、コールセンターを通じた問い合わせ件数を増やし、売り上げ増につなげるためには、どこに力を入れるべきなのかを的確に把握する必要がありました」

Kirk Nielson氏、Progrexion、PMO担当アシスタントディレクター

Progrexion

web分析の機能

柔軟な分析

Analysis Workspaceを使えば、堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成できます。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度)をプロジェクトにドラッグ&ドロップして分析します。

フロー分析

フォールアウトおよびフロー分析では、事前に定義した一連のページ内で訪問者が離脱した場所や次に進んだ場所などを表示します。セグメントの比較やファネルステップの順序変更、値の組み合わせを可視化しておこなえます。

高度なセグメント化

アドビのセグメントIQ機能では、あらゆる指標とディメンションを自動的に分析することにより、セグメント間の統計的に最も有意性の大きい差異を、セグメント数の制限なしに特定できます。自社のKPIを左右する重要なセグメント特性が自動的に見つかります。

関連コンテンツ

その他の利点

予測分析

チャネル分析
および
マーケティング分析

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。