データサイエンスを究極のアートに

 


アドビは世界最大規模のデータ収集プラットフォームとして約35ペタバイトの顧客データを管理し、四半期あたり1兆以上のトランザクションを処理しています。しかし、アドビのデータサイエンティストとして働くことの醍醐味は、この膨大な量のデータを扱うことだけではありません。業務の質こそが重要なのです。アドビで働くなかで、データを効果的に活かして個々の問題を分析し、推論を導き出して理論を検証し、その理論がお客様のビジネスを成功に導くソリューションとしてカタチになるところを、ぜひ自分の目で確かめてください。 

アドビのデータサイエンス職を選ぶ理由


データサイエンス職を選ぶ理由

データの品質

日産、MasterCard、Hyattなど、Fortune 500に名を連ねる企業の3分の2はアドビの顧客です。

 

最先端のサイエンス

アドビの社員は何千件もの特許を取得しています。

 

経営陣が注目

アドビの経営陣はデータサイエンスを今後のビジネスに不可欠なものと考えています。


敏捷性と安定性

アドビは30年の実績を持ちながら、常に初心を大切にしています。

 

多様性に富んだ機会

専門分野をメディア、マーケティング、営業、顧客分析などに広げられるだけでなく、エンジニアリング部門と協力して製品開発にまで関わるチャンスがあります。 

 

成長を促進

カンファレンスや読書会への参加、大学との連携、受講、特許申請、出版、最高の仕事をするために必要な学習の継続などが可能です。

敏捷性と安定性

アドビとそこで働く社員を紹介

第5回データサイエンスシンポジウムの重要ポイント

詳しくはこちら(英語)›  

アドビのZhe Linがアメリカで100件目のパテントを取得

詳しくはこちら(英語)›

現在、アルゴリズムアーティスト、問題解決能力に優れた人、製品について先見的なビジョンを持った人を募集しています。  募集中のポジションを見る

仕事を見つける
オフィス所在地
アドビが選ばれる理由
社会的責任
ダイバーシティとインクルージョン

LinkedInアイコン
YouTubeアイコン
Twitterアイコン
Facebookアイコン
Instagram