ERPとの連携

利用中のERPとMagento Commerceを連携することで、業務効率を向上できます。主要な業務システム間で、在庫、注文、顧客データ、配送情報を同期します。


シームレスな連携をいつでも

ERPに接続していなくてもオンラインストアの運用は可能ですが、データを手動で入力するのは間違いの元であり、解決には多くの貴重な時間を費やします。またその間、顧客は、注文に関する情報を待ちわびることになります。簡単に言えば、オンラインストアとERPが連携していない状態では、顧客体験は非常に不安定な状態に置かれています。 

ERPとMagento Commerceを接続すれば、このふたつの主要システム間で在庫、注文、顧客データ、配送情報を自動的に同期できます。バッチ処理や手作業による注文管理を廃止し、ほぼリアルタイムのデータで両方のシステムを稼働させることができます。企業にとっては、単調な作業に費やす時間が減り、顧客にとっては、商品の価格や在庫状況をより正確に把握できるようになります。

Magento Commerceのご紹介

アドビの次世代技術や世界規模のパートナーエコシステム、拡張機能のマーケットプレイスを利用して、どのようにeコマースwebサイトに活気をもたらすことができるのかをご確認ください。

次のような機能があります

 

注文数と在庫のバランス調整

ERPとコマース基盤を連携すれば、リアルタイムで個々の商品を管理し、トランザクションデータをERPですぐに確認できます。常に正確な情報に更新されるため、在庫を減らし、余分なコストや手間を削減可能です。

顧客固有のルール
Magento CommerceストアをERPに接続し、交渉にもとづく契約価格で

正しい商品を顧客に提供します。ERPの価格や顧客固有のルールに関する情報を、eコマースに容易に適用できます。

リアルタイムの商品追跡

商品の配送状況に関する問い合わせに迅速に回答し、顧客の満足度を高め、サービス担当者の時間を節約します。ERPに接続すれば、担当者は出荷状況やフルフィルメントデータをリアルタイムで確認できます。

Magento CommerceのERPとの連携の詳細

eコマースとERPを組み合わせて威力を発揮

eコマースとERPを連携することが、顧客と企業の双方に利点をもたらす5つの理由をご確認ください。

今すぐダウンロード(英語)

 

勝機を握るeコマースとERPの連携

eコマースとERPを連携する上で、一般的な大きな障害を克服する方法をご確認ください。

今すぐダウンロード(英語)

 

関連機能

Google Shopping ads Channel

ビジネスリソースを追加することなく、B2BとB2Cのあらゆる顧客にデジタルチャネルを通じてリーチします。

統合されたB2B機能

購買ジャーニー全体からインサイトを獲得し、最適化とリアルタイムのパーソナライゼーションを実行して、世界に通用するショッピング体験を提供し、コンバージョン率と平均注文額を向上させます。

ビジネスインテリジェンス

一元化されたソリューションで技術的な困難を解消し、重要な分析を容易に実現します。

Adobe Commerce Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Commerce Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。