Magento CommerceとIT

セキュリティリスクはいたるところで発生し、アドビはそれらのリスクと戦い続けています。Magento Commerceは、企業と顧客の両方に安全なコマース環境とエクスペリエンスを提供するように設計されています。詳細な技術情報やサポート情報を入手し、商品を迅速に展開するのに役立つIT担当者向けのリソースをご紹介します。 

IT担当者向けリソース

ラップトップの画像

セキュリティセンター

セキュリティセンターにアクセスして、Magento Commerceの最新パッチやセキュリティアップデート、ベストプラクティスを入手しましょう。

ラップトップの画像

Trust Center

相互信頼を構築するための重要な要素であるセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスに対するアドビのコミットメントを、Magento Trust Centerでご確認ください。

Magento Marketplaceの画像

Magento Marketplace

オンラインストアの拡大に使用できる拡張機能やテーマをご確認ください。顧客サービスやマーケティング、配送、フルフィルメントなど、様々なカテゴリーが揃っています。 

Magento Commerce 2への移行の画像

Magento Commerce 2への移行

重要な違いや移行方法など、Magento Commerce 2への移行に関する詳細をご確認ください。

ITガイドの画像

ITガイド

Adobe Commerce Cloudの導入を検討している、ビジネス担当者とIT担当者のコミュニケーションに役立ち、必要な情報を確認できます。

準拠のプロセスとテクノロジーの画像

準拠プロセスとテクノロジー

企業と顧客の両方が安全で安心できるよう、PCIおよびSOC 2コンプライアンスの準拠にアドビがどのように役立つのかをご確認ください。

データのプライバシーと保護の画像

データ のプライバシー 保護

データ保護、GDPR、プライバシーシールドなど、Magento Commerceのプライバシーに対する取り組みをご確認ください。


Adobe Commerce Cloudに関するIT担当者向けFAQ


コンピューターを操作している人の画像

Magento Commerceは、支払いゲートウェイにどのように対応していますか?

Magento Commerceでは、クレジットカードのデータが消費者のブラウザから直接支払いゲートウェイに渡されるようにするために、支払いゲートウェイの統合が必要です。カードデータは本番環境では利用できません。eコマースアプリケーションで発生したトランザクションにおけるアクションは、ゲートウェイからトランザクションを参照することで完了します。

Magento Commerceは、プライバシーに関する課題にどのように対応していますか?

アドビは顧客関連データの取り扱いに関して、プライバシーシールドの認証を取得しています。プライバシーシールドとは、EU/米国間およびスイス/米国間で個人データの転送を可能にする、欧州委員会によって承認されたメカニズムです。

Margento Commerceの機密データはどのように扱えますか?

アドビのサービスを利用すれば、消費者の個人情報(PII)および顧客の機密データを使用したり、保存したりできます。顧客および消費者に関するデータの保護は、アドビの重要な義務のひとつです。

ストアデータはどのように保護されますか?

ストレージには、Amazon Elastic Block Store(EBS)が使用されます。EBSボリュームはすべて、AES-265アルゴリズムを使用して暗号化されています。つまり、保存中のデータは暗号化されています。また、CDNサーバーとオリジンサーバー間および複数のオリジンサーバー間で送信中のデータも暗号化されます。顧客のパスワードはハッシュとして保存されます。支払いゲートウェイの資格情報などの機密情報は、SHA-256アルゴリズムを使用して暗号化されています。Magentoアプリケーションでは、列レベルまたは行レベルでの暗号化はサポートしていません。また、データが保存中ではなく、なおかつサーバー間で送信中でもない場合の暗号化もサポートしていません。


ユーザー事例

Adobe Commerce Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Commerce Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。