マッチンググラント

社員は会社の貴重な財産であるだけでなく、コミュニティに変化をもたらすパワフルな原動力でもあるとアドビは考えています。そのためアドビでは、社員が関心のある社会課題を支援することで、社員の取り組みに投資しています。アドビでは、社員が自らの時間や資金を使ってNPOを支援した場合、同等の寄付金によってその活動をサポートする、マッチンググラントプログラムを実施しています。これにより、社員のボランティア活動の成果を倍増させることができます。社員の時間、お金、または有価証券を寄付した場合、アドビも同等の金額(社員1人につき年間最大10,000ドル)を寄付します。

 

正社員1人がNPOのためにボランティア活動をおこなった場合、アドビは10時間あたり250ドルを提供します。この寄付金は、その社員が選んだNPOに贈ることができます。社員がチームでボランティア活動をおこなう場合は、そのボランティア先のNPOを対象にチームボランティア補助金が適用されます。共同でボランティア活動をおこなうと10人ごとに、アドビから1,000ドル(最大10,000ドル)の寄付をおこないます。


基準を満たすNPOに社員が現金または有価証券を寄付した場合は、アドビも同額を寄付します。アドビは社員が社会に還元することを奨励しており、それに関する社員の個人的な選択を尊重しています。

 

2017年には、マッチンググラントプログラムへの社員参加率の目標値は45%でした。結果として、全世界の社員数が15%増えたにもかかわらず、参加率44%を達成しました。2018年については、参加率の目標を50%に設定し、その目標達成に向けて取り組んでいます。 


また2017年には、世界各地のNPOに対する社員からの寄付額が606万1,685ドル以上に上り、目標であった600万ドルを超えました。2018年には社員の合計寄付額が650万ドルを超えると予想しており、この額を目標に設定しています。

NPOの皆様へ

 

NPOの皆様へ:

アドビといっしょに活動する方法についてご覧ください

ここをクリック ›

 

 

環境保全と企業の社会的責任に関するアドビの最新の取り組みについてはブログをご覧ください。