皆様をサポートするための支援プログラム

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が拡大する中で、アドビ製品の継続的な利用を可能とするため、アドビでは多数の支援プログラムを導入しています。

Adobe Sparkについてよくある質問

2ヶ月間の無料体験が提供されるのはどのAdobe Sparkプランですか?

2ヶ月間の無料体験は、web上でアクティベートされたAdobe Sparkの個人版を対象に提供されます。2ヶ月間の無料体験は、モバイル経由でアクティベートされたAdobe Sparkプランについては提供されません。

 

なぜアドビはこの無料体験を提供しているのですか?

アドビでは、新型コロナウイルス感染症の流行によって様々な問題に直面している個人や小規模企業のお客様が、ビジネスを維持・成長させ、顧客やコミュニティとのつながりを維持できるようお手伝いしたいと考えています。Adobe Sparkをぜひお試しください。Adobe Sparkには、強力なソーシャルグラフィック、webページ、ビデオなどを作成するための使いやすいツールが用意されています。

 

無料体験版に登録する方法について教えてください。

詳細の確認と登録は、http://spark.adobe.com/pricingからおこなうことができます

 

無料体験版には何が含まれていますか?

体験版では、Adobe Sparkの個人版の有料機能をすべて利用できます。機能については、https://spark.adobe.com/pricingで確認できます。

 

無料体験の提供期間について教えてください。

2ヶ月間の無料体験版は、2020年4月20日から2020年7月15日までにアクティベートできます。試用期間は、登録をおこなった日から開始されます。

 

私は有料版Adobe Sparkのユーザーです。2ヶ月間の無料体験版を利用するにはどうすればよいですか?

現在、web上で購入した個人版のAdobe Spark単体プランを利用している場合は、2ヶ月間の無料体験が自動的に適用されます。月額で利用している場合、次の2回分の更新サイクル(次の更新期間の開始時点から)については、料金が請求されません。年間プランを一括払いしている場合は、次の更新期間の開始時に、12ヶ月分ではなく、10ヶ月分の料金が請求されます。

 

現在、iOSまたはAndroid上で購入した個人向けのAdobe Spark単体プランを利用している場合は、2ヶ月間の無料体験は適用されません。

 

現在、Adobe Sparkへのアクセスを含むAdobe Creative Cloudプラン(コンプリートプラン、フォトプラン、PhotoshopまたはIllustratorの単体プランなど)を利用している場合は、2ヶ月間の無料体験は適用されません。

 

web上で購入した個人向けのAdobe Spark単体プランを利用しているのですが、2ヶ月間の無料体験が適用されていません。どうすればよいでしょうか?

月額で利用している場合、次の2回分の更新サイクル(次の更新期間の開始時点から)については、料金が請求されません。年間プランを一括払いしている場合は、次の更新期間の開始時に、12ヶ月分ではなく、10ヶ月分の料金が請求されます。月額で利用している場合で、まだサービスクレジットが適用されていない場合は、https://helpx.adobe.com/contact.htmlまでお問い合わせください。

 

私は現在、Adobe Sparkの体験版を使用しています。体験版の期間を2ヶ月間延長することはできますか?

はい。体験版は自動的に60日間延長されます。

 

私は以前、Adobe Sparkの体験版に登録しました。今回、2ヶ月間の体験版を利用する資格はありますか?

はい。

 

2ヶ月間の体験期間が終了した後はどうなりますか?

2ヶ月間の体験期間が終了すると、お客様のアカウントが有料サブスクリプションにアップグレードされ、体験版の登録時に登録したクレジットカードを使用して料金が請求されます。 

 

有料プランを継続したくない場合は、2ヶ月間の体験期間が終了する前に、有料サブスクリプションをキャンセルすることができます(体験期間が終了する3日前に自動通知が送られます)。無料スタータープランでAdobe Sparkの利用を継続し、Adobe Sparkアカウントにログインして、これまでに作成したプロジェクトにアクセスすることもできます。ただし、有料機能は利用できなくなります。

 

2ヶ月間の無料体験が終了した後は、Adobe Sparkの料金はいくらになりますか?

米国では、Adobe Sparkの個人向け単体プランの月額料金は980円となり、年間プランは9980円となります。価格は国によって異なる場合があります。体験版は、登録時に選択したオプションにもとづいて、月額または年間の有料サブスクリプションへと移行されます。体験期間中にキャンセルをおこなって、料金が請求されないようにすることもできます。また、料金が請求されてから14日後までは、利用をキャンセルして返金を受けることもできます。

 

新規のユーザーとして、Adobe Sparkグループ版の2ヶ月間無料体験版を利用することはできますか?

いいえ。2ヶ月間の無料体験は、web上でアクティベートされた個人版のみを対象に適用されます。

 

現在のプランをキャンセルすると、これまでの作業内容は失われますか?

いいえ。電子メールアドレスに関連付けられたすべてのプロジェクトとブランドアセットは、Adobe Spark内で維持されます。お客様のアカウントは、有料アカウントから無料スタータープランのアカウントへと変更されます。ただし、無料アカウントになると、プレミアム機能(プレミアムのフォント、画像、テンプレートなど)を含んだプロジェクトを開いたり、編集したりすることはできなくなります。また、カスタムブランドやその他のプレミアム機能にアクセスすることもできなくなります。

 

その後、有料プランを再度サブスクライブした場合には、すべてのプレミアムアセットとブランドアセットが再度利用可能になります。

 

iOSやAndroidで2ヶ月間の無料体験版に登録することはできますか?

いいえ。2ヶ月間の無料体験版は、spark.adobe.com、Adobe.com、または電話受付担当者を通じてアクティベートされたプランに対してのみ適用されます。サブスクリプションを購入すれば、Adobe Sparkのすべてのアプリとプラットフォーム(iOSとAndroidを含む)で、すべてのプレミアム機能を使用できるようになります。必ず、購入時に使用した電子メールアドレスでログインするようにしてください。

 

利用条件はどこで確認できますか?

https://www.adobe.com/offer-terms/spark-60day-promo.htmlで確認できます。

 

 

支援プログラム一覧に戻る

お問い合わせ

Adobe Help Center

サポートとトラブルシューティング

エンタープライズサポート

エンタープライズ向けのサポート情報