皆様をサポートするための支援プログラム

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響拡大への対応として、アドビではアドビ製品への継続的なアクセスを提供する目的で、お客様が利用しやすい多数のプログラムをすぐに導入しています。

教育機関向けのよくある質問

2020年7月6日まで、共有PCのみのライセンスをお持ちの教育機関を対象に、児童・生徒・学生及び教職員がAdobe Creative Cloudに自宅からも無料でアクセスできるプログラムです。

 

アドビは教育機関の顧客にどのようなサービスを提供していますか?

COVID-19の影響が広がる中、世界の多くの教育機関が非常事態対応計画を導入し、全校閉鎖をおこなっています。この事態への対応策として、アドビはCreative Cloudにアクセスするライセンスをお持ちの教育機関に属する学生と教職員向けに、自宅でCreative Cloudデスクトップアプリを利用できるライセンスを一時的に追加料金なしで提供しています。アクセスが付与される期間は2020年7月6日までを予定していますが、状況の変化に応じて短縮または延長する場合があります。これにより、学生はリモートで学習を続けることができます。

 

このプログラムの対象となるのは誰ですか?

児童・生徒・学生が学校のPC教室などの共有PC環境でCreative Cloudにアクセスできる教育機関で、COVID-19の影響で休校になり作業を継続できない場合に対象となります。

 

このプログラムの詳細を教えてください。

HelpX webサイトでリクエストされた場合に限り、教育機関向けのライセンスプラン(ETLAまたはVIP)を持っている教育機関に属する学生と教職員がCreative Cloudデスクトップアプリにアクセスできるようにします。リクエストが処理された後は、Adobe Admin Consoleでその組織に属するユーザーとして登録されている全員が、その教育機関の管理者によって提供されるアカウントを使用してAdobe.comにログインできます。その後ダウンロードに進み、作業するデバイスを問わず必要なCreative Cloudデスクトップアプリを使用できます。

 

このプログラムの対象となるCreative Cloudアプリはどれですか?

Adobe Photoshop、Illustrator、InDesignなど、Creative Cloudコンプリートプランで使用できるすべてのデスクトップアプリが対象になります。対象となるデスクトップアプリの全一覧は、こちらで確認できます。

 

Creative Cloudライブラリ、Adobe Fontsなどのサービスも無料の一時的使用の対象になりますか?

いいえ、利用できるのはCreative Cloudデスクトップアプリのみです。一方、サービスの利用資格は教育機関のAdmin Consoleで設定によって異なります。たとえば、IT管理者が教育機関向け無料のSpark for Educationをユーザーに割り当てている場合、ユーザーは2GBのストレージ、無償メンバーシップの範囲のAdobe Fontsなどを利用できます。

 

すべての学校に自動的に無料アクセスが提供されるのですか?

いいえ、教育機関のIT管理者からの申請が必要です。

 

どの機関が対象ですか?

ETLAまたはVIP購入プログラムによる共有環境のPC向けライセンス(共有デバイスライセンス、デバイスライセンスまたはシリアル)の有効なご契約をお持ちの教育機関(初等中等教育および高等教育機関)がこのプログラムをご利用になれます。無料アクセスを提供するかどうかは、アドビ独自の裁量にゆだねられます。

 

地域による制限はありますか?

いいえ、ありません。

 

このプログラムはいつから利用できますか、またその方法は?

教育機関のIT管理者は、2020年3月20日午後9時(太平洋夏時間)以降、ヘルプセンターのフォームを介してこのプログラムを申請できます。申請が処理されるとIT管理者へ通知され、該当の教育機関のすべてのユーザーはCreative Cloudデスクトップアプリにアクセスできるようになります。これにより、児童・生徒・学生はアプリをダウンロードして自宅で作業を続けることができます。申請の処理は2020年3月16日の週から開始され、アクセスは7月6日まで提供される予定です。アドビは状況の変化に応じてこの期間を短縮または延長する場合があります。

 

 

支援プログラム一覧に戻る

お問い合わせ

Adobe Help Center

サポートとトラブルシューティング

エンタープライズサポート

エンタープライズ向けのサポート情報