自動車、運輸業界でのSubstance 3Dの利用

自動車および運輸業界

運輸業界のデザイナーは、クリエイティブなワークフローに役立つ直感的で適応性の高いツールと、デジタルデザインレビューにより共同作業を効率化できるソリューションを求めています。これは、色のデジタル化や、素材のサンプリングや探求を容易にすることによるデザインプロセスの効率化も意味します。  

 

Adobe Substance 3Dツールセットは、CATIAやRhino 3Dなどの広く使用されている自動車デザイン用ソフトウェアとスムーズに統合できます。VREDや3DExcite Deltagenなどの一般的な自動車レンダリングプログラムとの統合や、CoronaおよびV-Rayレンダラーとの互換性により、車両デザインをさらに高度なレベルに引き上げることができます。

 

過去数年間に、運輸関連のデザイン業界では、ARやVRなど、リアルタイムでのビジュアライゼーションとイマーシブなプロジェクトのニーズが急増しました。このようなトレンドは、ゲーム開発ツールが運輸業界のデザイン専門家によって使用されるようになったことと密接な関係があります。Substance 3Dアプリは、Unreal Engine 4やUnityなどのリアルタイムゲームエンジンと容易に統合でき、ARおよびVRのワークフローとも高い親和性があります。

車両レンダリング用の数千点に及ぶフォトリアルなマテリアル

車両レンダリング用のマテリアル

「Substanceによって、作業時間が大幅に短縮されました。あらかじめ用意されているマテリアルライブラリから豊富なマテリアルを直接ダウンロードし、Unreal Engineで特定のマテリアルの外観を直接確認できます。また、.sbsarファイルのプリセットによって様々なバリエーションを試すこともできます」

自動車ビジュアライザー、Fisher Dai

Substance 3Dアセットライブラリの自動車用テクスチャ(車両用塗料、レザー、プラスチック、テキスタイル、複合材料など)の充実した3Dマテリアルライブラリをお試しください。幅広いハイエンドマテリアルは自由にカスタマイズでき、これらのすべてマテリアルには、高速イタレーション用のプリセットおよび.sbsソースファイルが含まれています。

 

各マテリアルには、編集可能な様々なパラメーターが用意されています。

  • 仕上げ効果とプロセス駆動型の表面形態。これらによって、デザイナーやビジュアライゼーション専門家は、自動車塗装のゆず肌(オレンジピール)と呼ばれる状態など、実際の製造工程の詳細を忠実に再現できます。
  • デザインおよびパターン生成。これらのSubstanceマテリアルはジェネレーターのように機能し、自動車デザイナーはフォームとデザインで同時に処理を進めることができます。独自の2Dパターンを入力として追加することもできます。

スキャンや写真から独自の自動車用3Dマテリアルを作成します。

スキャンや写真から自動車用マテリアルを作成

フォトリアルな画質で自動車のシートをビジュアル化するには、マテリアルの正確な作成が必要です。カラー&トリミング担当デザイナーは、日々の業務で、物理マテリアルのサンプルやカラースウォッチを使用することに慣れています。 

 

Substance 3Dアプリには、クラス最高レベルのテクノロジーが実装されており、物理サンプルをデジタルマテリアルに変換して、VRED、3DExcite DeltagenまたはUnreal Engineですぐに利用できます。マテリアルの入力には、X-Rite Tac7、Vizooなどのマテリアルスキャナーのほか、独自のデバイスも使用できます。 

色の調和、マテリアル、仕上げを、3Dで迅速に処理できます。

色の調和、マテリアル、仕上げの3D処理

「Substanceはレンダリングツールであるとともに、リサーチツールでもあると考えています。プロジェクトを通して意思疎通を図るために、Substanceを利用するつもりです」

Faurecia、カラー&トリミング担当デザイナー、Marion Buhannic

企業ユーザーは、IGESやSTEPなどのサポートされている形式で、CADデータを容易にインポートできます。テッセレーションオプションによって、高画質のレンダリング用に異なる画質のジオメトリにデータを変換することや、webやモバイルのワークフローに書き出すことができます。 

 

作成したマテリアルやSubstance 3Dアセットライブラリからダウンロードしたマテリアルを、ドラッグ&ドロップしてすばやく反映できます。Adobe Illustratorから直接ベクターデータを読み込むことや、Adobe Photoshopに直接書き出すこともできます。 

 

Substance 3D Samplerの直感的な画像処理ワークフローにより、スマートフォンで撮影された物理サンプルの写真を容易に読み込めます。

 

Substance 3D Stagerには、物理ベースのステージングワークフローが含まれており、容易に3Dシーンを作成し、独自の仮想写真スタジオを設定できます。高速のインタラクティブレンダリング機能によりシーンを修正し、強力なオフラインパストレーサーによって最終的なレンダリングを作成できます。

運輸関連のデザインをさらにクリエイティブに。

運輸関連のデザイン

「初期のコンセプト段階での反復作業は当社のデザイナーが求めていたものであり、Substanceにはそれを可能にする柔軟性が備わっています」

Hyundai、ビジュアライゼーション担当マネージャー、David Nikel

アドビのツールによって、自動車のインテリアデザインにおける反復作業がこれまでになく容易になりました。アドビのマテリアルペイントツールによって創造性を高め、専用の機能で独自のステッチを適用するほか、Painterでは手動で多くのディテールを簡単に追加できます。また、マテリアルライブラリを参照することで、簡単に開始して迅速に結果を得ることができます。

 

Substance 3D Modeler(ベータ版)のVR対応造形機能により、モデリングやクレイモデル制作をスピーディにおこなうことができ、イマーシブな環境でシェイプ、プロポーション、姿勢をより明確に把握できます。

 

御社でのSubstance 3Dの利用に関心をお持ちですか?詳細を見る