環境デザイン:3Dによる空間概念

建築インテリア、看板、間取り、店舗などのプロトタイプを作成し、空間を視覚化します。

明るく照らされたモダンなリビングスペースのレイアウト

画像:Pasquale Scionti

2Dから3D、現実世界へ

我々を取り巻く世界は3次元ため、2Dだけで表現されたもの見ても実物想像ことますそこでデジタル環境物理スペース構築見るはるかに実物想像すくなり希望合致するどうか判断できますアイデアからすやく作成方向伝えることフォトリアル要素実際シーン組みんでコンセプト明確することでき

 

提案する要素をそれだけで見せるよりも、3D環境で見せれば、劇的な認識効果があります。

屋外イベント用ブランド付きテント

3Dプレゼン空間デザイン構築デザイン意図わかりやすくプロジェクト目的適うこと明確示せるため説得増します3D環境デザイン視覚プレゼンでは非常効果発揮ます相手2Dモックアップだけデザイン実物想像評価承認おこなうことにていないかもせん

 

AR(拡張現実)を使コンセプト実際環境期待通り結果なる視覚確認できるため評価プロセスさらに効率できますデザイン実際環境あらゆるアングルから表示期待通りデザインっていること確認しましょう空間ないサイズ環境そぐわないデザイン作り直し不要ためコストかかる生産エラー避けることできます展示などブランド看板作るときトライ&エラー物理スペースフィットどのアングルからよく見えること確認しましょう

 

3Dでデザインコンセプトを明確に伝える

プレゼン提案するデザインプロトタイプAdobe Dimension作成プロセス時間短縮立ち高額空間レンダリング外注なく社内コンセプトモックアップ簡単作成できます使いやすいツールコンセプト複数視点いくつものバリエーション作成できますまたロゴマテリアルカラーなど変更したバージョン容易作成できます

サイクルショップ用のおしゃれな店舗外観デザイン
黄色いソファと丸窓のある美しい店内デザイン

画像:Anna Natter

最終プレゼン用、究極のフォトリアリズム

Substance Painter使用3Dモデルマテリアルテクスチャ追加シーン配置するオブジェクト建物構造サーフェスフォトリアル仕上げしょうSubstance Alchemist使用テクスチャパーナライズするSubstance Sourceパワフルリアルライブラリから取得ますAdobe Stock3Dコンテンツ利用する便利です環境モデル構造モデル外部から取得または作成オフィスビルなど環境さらに正確表現できますブランド要素含むトートバッグなどオブジェクト質感看板反射表現すること物理コンセプトはるかにイメージすくなりますフォトリアルオブジェクトシーンレンダリングすることデザイン意図詳細示し設定正確表現すること関係クライアント印象づけることできます

各種サーフェステクスチャの例
各種構造デザイン

アドビ3D & ARエコシステム使3Dアセット管理編集伴う干渉減らす立ちますアセットアプリ自由移動させること膨大種類ツール利用できますこのため3D専門アーティストエージェンシーデザイン外注する必要なく貴重時間予算節約できます

アドビのツールによるコンセプチュアルデザイン入門

ステップ

Adobe IllustratorまたはPhotoshop2D要素デザインします。
どちらのツールにも対応しているため、必要な2Dコンポーネント作成最適なアプリを利用できます。Illustrator3Dオブジェクト配置するグラフィックロゴ作成に最適、Photoshopブランド画像写真編集ています

ステップ

Dimensionで3Dをオーサリングし、集合体を作成します。
Adobe Stockのテンプレートで作成モデル配置するAdobe Stock素材読み込みます(Dimension最適ます)。または他のソースからモデル読み込みますDimensionOBJAutodesk FBXSTLSketchUp SKPファイル形式サポートています

ステップ

Substanceで3Dマテリアルのバリエーションを作成します。
Substanceモデルマテリアル追加テクスチャペイントフォトリアルエフェクトえて完璧外観にしますSubstance Alchemist使用テクスチャパーナライズするSubstance Sourceパワフルライブラリから取得ますSubstance使用すると建築構造テーブル家具など空間デザインサーフェスさらにフォトリアルなります

 

a)シーンブランドなど2D要素れるときグラフィックロゴ3Dモデルカールまたは塗りつぶしとして配置ます次にイヤープロパティ調整思い通り外観にします

 

b)すべての要素を組み合わせて完全なシーンを作成し、空間に投影されたデザインを図解します。

 

c)背景画像を変更し、別の場面での「環境デザイン」を示します。スターターアセットまたは Adobe Stockから背景画像選択する持ち画像読み込みます「画像から環境設定」を使用背景画像もとづくリアルライト自動的作成ますまたは環境指向ライト手動調整することできます 

ステップ

Dimensionで3Dと2Dの出力を共有します。
a)作成したシーンのテンプレートを書き出して要素変更必要ときクライアント関係他のチームメンバー簡単編集できるようにしますそうすることブランドロゴデザイン変更あり看板書き換える場合など必要迅速対応できるようなります

 

b)2D画像レンダリングするまたは360ビュー(ブックマークしたカメラアングル付き)の3Dデザインwebリンク公開関係レビューできるようにします3D webビューア自分ポートフォリオサイトんで作品公開することできます

ステップ

Adobe Aeroを使いARで視覚化します。
a)リアリティ追求するためAero読みんで製品現実世界重ねて表示する没入AR体験作成ます無料Aeroアプリ使用従来まったく異なる方法デザイン見ることでき臨場ある体験ます

 

b)AR体験ダウンロードリンク共有する現実空間ところ写真ビデオ記録ます同僚クライアント容易共有できすぐフィードバックます

照明を落とした室内、階段下のリビングスペース

Adobe Dimensionを入手

グラフィックデザイナーのための3Dツール

まずは7日間の無料体験、その後2,180円/月(税別)