コンテンツを保護し、

ユーザーも強化


Creative Cloudエンタープライズ版なら、企業のクリエイティブな資産やデータを保護できます。そして、Adobe Admin Consoleを使用すればライセンス管理が容易になります。
Havas
「Adobe Creative Cloudエンタープライズ版なら、システム管理とユーザーの自由度をしっかり両立できます。ソフトウェアの管理とデプロイが効率化され、クリエイティブチームとシステム管理チームは可能性を試すためのツールと時間を手に入れることになります」
ジェフ マーシャル氏(Havasノースアメリカ、グローバル代理CIO)
Havas

管理者になっても安心

 
  • 安心のセキュリティ
  • エンタープライズレベルのセキュリティ
    アドビではデジタルアセットのセキュリティを重要視し、ソフトウェア開発プロセス及びツールへの徹底したセキュリティの統合から、部門の枠を超えたインシデント対応チームに至るまで、先を見越した迅速な対応につとめています。さらにパートナー研究者およびほかの業界団体と協力して、最新の脅威やセキュリティのベストプラクティスを理解し、提供する製品およびサービスに継続的にセキュリティ対策を組み込んでいます。 コンテンツは伝送中も保存中も暗号化され、保存中のコンテンツはお客様固有の暗号化キーを利用してさらに保護することができます。
     
  • シングルサインオン(SSO)対応
    Adobe Creative Cloud エンタープライズ版では、Federated ID / シングルサインオンにも対応しています。これにより、組織内で利用されている様々なクラウドサービスでのログイン認証基盤と共通化が可能となります。クラウドサービスごとにパスワードを設定する必要が無いためユーザーの利便性が向上するほか、コンテンツやアセットの管理と保護も強化されます。
     
     
  • シングルサインオン(SSO)対応
  • 一元管理が可能な、Admin Console
  • 一元管理が可能な、Admin Console
    ソフトウェアのプロビジョニングから、ライセンスの追加と再割り当てなどのトラッキングまで、いつでも手元でAdmin Consoleから作業できます。Creative Cloudのアプリとサービスにアクセスできるユーザーとグループを容易に管理できます。Document CloudとExperience Cloudのライセンスもこのインターフェイスで一緒にトラッキングできます。

     
     
  • エンタープライズ版独自のサポート体制
    アドビのオンボーディング専任スタッフがスムーズなデプロイメントをお手伝いし、ソフトウェアライセンスの管理方法についてアドバイスします。また、電話と電子メールによるサポートを含むエンタープライズレベルの専用カスタマーケアが用意されているので、すばやく問題を解決できます。
  • エンタープライズ版独自のサポート体制

Creative Cloudエンタープライズ版

ビジネスをドライブする、これからのクリエイティビティに

Creative Cloudエンタープライズカタログダウンロードこちら
 

無料でご相談

オンラインフォーム
14:00までのご連絡には当日ご返答します。
 

電話
お客様最適ソリューションご紹介します。
お問い合わせ:0120-613-884
 
 
  1. Creative Cloudエンタープライズ版とは何ですか? Creative Cloudエンタープライズ版とは何ですか?

    Creative Cloudエンタープライズ版は、業務用デザインと公開を通じて、常に最高の顧客サービスを提供するのに不可欠なクリエイティブプラットフォームです。

    Creative Cloudエンタープライズ版からは、あらゆる最新のCCデスクトップ版、モバイルアプリとサービスを利用できるほか、高度なシステム要件を持つ組織のニーズに合わせて、ホスティングオプションもご用意。Adobe Digital Publishing Solution、Adobe Marketing Cloudといった、他のアドビエンタープライズソリューションとも連携できます。

  2. Creative Cloudアプリケーションは、ストリーミング形式や視覚化技術によりブラウザーで実行されるのですか? Creative Cloudアプリケーションは、ストリーミング形式や視覚化技術によりブラウザーで実行されるのですか?

    デスクトップアプリケーションはCreative Cloudからダウンロードされ、インストール後はローカルで実行する形式です。ストリーミングなどによりクラウド上で配信されるものではありません。

  3. Creative Cloudへのログインに、社内方針でAdobe IDを使用したくない場合はどうすればよいですか? Creative Cloudへのログインに、社内方針でAdobe IDを使用したくない場合はどうすればよいですか?

    Creative Cloudエンタープライズ版には各種デプロイオプションがあり、社内のシステム管理者による選択が可能です。また、新しいAdobe Admin Consoleを利用してライセンス管理を簡素化することもできます。クラウドストレージやクラウドサービスの使用をユーザーに許可するには、Adobe IDまたはEnterprise IDを使用し、ユーザーを指定してクリエイティブアプリケーションをデプロイできます。

    • Adobe ID:ユーザーがアカウントを作成して所有し、アドビが資格情報を管理して、ログインを処理します
    • Enterprise ID:組織がアカウントを作成して所有し、アドビが資格情報を管理して、ログインを処理します
    • Federated ID:組織がアカウントを作成して所有し、フェデレーションを通じてエンタープライズディレクトリにリンクします。エンタープライズ組織(企業や学校)が視覚情報を管理し、シングルサインオンによりログインを処理します。

    詳しくは、「IDタイプの管理」を参照してください。このほか、Creative Cloudエンタープライズ版はシリアル番号によるデプロイもできます。この場合、ユーザーは匿名となりオフライン環境で作業できます。お客様の組織に最適な方法をお選びください。ユーザーやグループのタイプに合わせてデプロイ方法を変えることもできます。

  4. 社内のIT部門で、Creative Cloudストレージ、サービス、アプリケーションを利用するユーザーを管理することはできますか? 社内のIT部門で、Creative Cloudストレージ、サービス、アプリケーションを利用するユーザーを管理することはできますか?

    はい。IT部門で無料のCreative Cloud Packagerを使用してカスタマイズしたデプロイ用パッケージ(業界標準のMSIまたはPKGファイル)を作成し、クリエイティブアプリケーションとアップデートのデプロイを管理できます。IT部門は新しいAdobe Admin Consoleを使用して、クラウドストレージおよびサービスを利用する組織内のユーザーまたはグループを管理できます。

  5. Creative Cloudで新しいデスクトップアプリケーションが公開されても、社内方針ですぐにはアップデートしたくない場合はどうすればよいですか? Creative Cloudで新しいデスクトップアプリケーションが公開されても、社内方針ですぐにはアップデートしたくない場合はどうすればよいですか?

    社内のIT部門が、パッケージ化するアプリケーション、サービス、機能とデプロイの時期を完全に管理できます。各バージョンの動作を本番または試験環境で精査してから、全社的デプロイを実施することができます。