オンデマンドセミナー

SNS向け、文字を詰める技術を理解する

オンデマンドセミナー

SNS用のサムネイルやキービジュアルにおいて、文字表現としてのタイポグラフィーはとても重要な役割をはたす視覚要素です。タイポグラフィーでは、書体選定はもちろんのこと、文字の組み方も非常に大切な取り組みになります。

このセミナーでは、文字の組み方のうち、文字を詰める(=文字間隔を調整する)技術に焦点を当て、考慮のポイント、デジタル環境での詰め処理のメカニズムを詳しく解説し、SNS向けの具体的な処理手法についてご紹介いたします。デザイナーもノンデザイナーもぜひ知っておくべき内容です。

 

<アジェンダ>

・文字を「詰める」とはどういうことか

・詰め処理のメカニズム

・SNS向けの具体的な処理手法

清家 順

近藤 祐爾(Yuji Kondo)

アドビ株式会社 マーケティング本部 教育市場部 デザイナー

Adobe Creative Cloudの製品技術全般に精通し、グラフィックデザイン、Webデザイン、広告制作などの実務経験を活かして、クリエイティブ製品のエバンジェリストとして主に活動しています。20年以上の活動を通したデザインに関する幅広く深い知識と実務経験等に裏づけされたユーザー目線での説明、解説に定評があります。近年は教育分野、特に高等教育分野において、コミュニケーション能力をデジタル技術で育成することに取り組んでいます。