小規模ビジネスのマーケティング担当者向けの5つのDIY戦略

マーケティング担当者がどのように創造性を発揮し最も効果のあるところに注力するのを支援するかをご覧ください。

壁に書かれた会社ロゴの横に座っている2人の小規模ビジネスのマーケティング担当者。

小規模ビジネスマーケティングの効果を最大化する

 

中小企業が成功への道を自力で切り開くのは珍しいことではありません。このような組織のマーケティング担当者にとって、少ない予算でより多くのことを成し遂げるのはもはや芸術の領域です。The Manifestの調査によると、これらの企業の3分の1は宣伝にかける金額が年間で10,000ドルを下回っているようです。中小規模企業のマーケターにとっての課題は、自社のブランドを際立たせ、トラフィックを促進し、顧客ロイヤルティを確立することです。これは、大規模な競合他社のわずかなコスト、時間、リソースで実現できます。

 

幸いなことに、中小企業がマーケティングで勝利を収め、自社のビジネスを目立たせるために、多額のマーケティング予算や代理店の支援は必要ありません。次の5つの効果的な「自分でやる」(DIY)マーケティング戦略にフォーカスし、正しいツールを活用することで、このような企業のマーケティング担当者でも最も効果のあるところにより大きな効果をもたらすことができます。

1. マーケティング計画を立案する

 

基盤のしっかりとした大企業のマーケティング担当者にとっては必需品のように思われますが、小規模ビジネスのマーケティング担当者からは見過ごされることがよくあります。皮肉なことに、小規模ビジネスのマーケティング担当者ほどマーケティング計画を必要とする人はいません。しっかりとした計画は、全チームメンバーを同じ目標や戦略に沿って行動させ、最も影響力が大きい部分に残りの予算や労働力をすべて注ぎ込む力を持っています。

 

強力なマーケティング計画には、いくつかの不可欠な要素があります。まずはそのブランド独自の売りとお客様にもたらす利益を提示することから始めてください。それに続いて、ブランドの価格設定とポジショニングの戦略を定義します。これにより、次のすべての行動が決まります。

 

この基盤となる2つの要素が整ったら、マーケティング担当者はお客様とのトランザクション、販売戦略、広告/プロモーション戦略を管理する方法など、使用する配布方法の輪郭の描写に進むことができます。このプロセスを通じて、小規模ビジネスのプロモーション計画のターゲットがはるかに鮮明かつ費用対効果が高くなり、より簡単に成功が決定づけられます。

 

「多くの小規模ビジネスがプロモーションにかける予算は極めて少額あるいはゼロです。とはいえ、小規模ビジネスが効果的なプロモーション計画を策定することも導入することもできないという意味ではありません」The Balance Small Business の Susan Ward 氏はこう述べています。「マーケティング計画を策定するには小さすぎるビジネスなど存在しません」

2. ソーシャルメディア、メール、ビデオに目を向ける

 

どこから手を付けたらよいかわからない方は、コストパフォーマンスが高いことで知られる、ソーシャルメディアやメールを検討してください。また、適切なツールがあればビデオもお手頃です。小規模ビジネスの10社のうち7社がFacebookを活用している、50%がTwitterやInstagramを活用している、64%が電子メールマーケティングを活用しているという事実は、これらのチャネルの費用対効果の高さを証明しています。

 

ソーシャルプラットフォームの無料の機能は、マーケティングに大いに活用できます。オーディエンスと直接つながってやり取りし、質問に答えたり、オンラインイベントを開催したり、製品やサービスについて最新の情報を共有したりできます。小規模ビジネスがブランドの認知度を向上させる最大のチャンスとして、および売上や収益を増やす最も効果的なメディアとして、ソーシャルメディアの名前を挙げるのも当然のことです。

 

もちろん、それぞれのネットワークには特性があります。ツイートは簡潔でパンチの効いたものにし、追加情報の提供にはリンクに頼る必要がある一方で、Facebookにはより長い文を投稿できます。Instagramにはビジュアル要素が重要です。LinkedInはプロフェッショナル向けで、統計やインフォグラフィックに最適です。

 

電子メールは古いメディアですが、小規模ビジネスにとっては依然として、既存のお客様のロイヤルティ促進と新規のお客様を獲得する最も費用対効果の高い手段の1つです。昔ながらの電子メールや手頃な価格の電子メール自動化ツールを活用することで、最小限の操作で何千人ものお客様に今後のプロモーション、便利なコンテンツの紹介、新製品のリリースのお知らせについてメッセージを発信できます。Manifestのレポートによると、半数以上の小規模ビジネスが当年の電子メールマーケティングの予算を増やす予定ということですが、それも当然のことです。

 

とはいえ、小規模ビジネスがソーシャルメディア、メール、ビデオの活用に関して直面する課題の1つが、お客様が必要とする説得力のあるコンテンツを安定して届けることです。ここで重要となるのが、Adobe Sparkのような使いやすい適切なツールです。Sparkなら、1人のマーケティング担当者が視覚的に印象に残るソーシャル画像、webページ、短編ビデオをわずか数分で制作して、プロがデザインしたようなすばらしいデザインのコンテンツでソーシャルメディアのフィードを満たし、一斉配信メールを作成できます。

 

同様に、予算内で質の高いビデオを制作することに苦労している方には、Adobe Premiere Rushが便利です。Adobe Premiere Rushには時間をかけず簡単にビデオを編集できるツールやビデオエフェクトのホストが備わっており、スマートフォン、タブレット、デスクトップでキャプチャしたビデオを横断して作業できます。これらのツールにより、マーケティング担当者は社外の代理店や請負業者に頼ることなく、ソーシャルメディア、メール、ビデオを活用して見栄えの良いDIYマーケティングキャンペーンを展開できます。

3. コミュニティを活用してコミュニティ内でクロスプロモーションを展開する

 

関連企業や関連組織との相乗効果が見込まれる機会を探ることで、1社で成し得る範囲を超えてマーケティング活動を大幅に拡大できます。多くの場合、クロスプロモーションにより、小規模ビジネスはプロモーション費用を出し合ってより幅広いオーディエンスにリーチし、別の会社が持っている場合はそのノウハウを活用することができます。

 

地域団体とのスポンサー提携や慈善活動の場合でも同じことが言えます。これは一般的に小規模ビジネスにとって、社会に還元する企業ということでブランドの即時のイメージアップにつながるほか、お客様とつながりを持つ機会も得られます。

 

Adobe SparkやAdobe InDesignなどのツールなら、このような機会に求められるイベントのニュースレター、ポスター、SNS投稿、メールなどの補足資料を作成して、ブランドへのトラフィックを促進できます。コンテンツを際立たせるためにAdobe Stockの素材を活用することもお忘れなく。

4. webサイトを強化する

 

サイトにトラフィックを呼び込む準備ができたところで、訪問したお客様が実際に見て触れられるものをサイトに用意する必要があります。データが示すところによると、応答性、速度、および充実した有益なコンテンツは、それがフォームに入力すること、購入すること、別のページにクリックスルーすることにしても、ユーザーがコンバージョンをおこなううえで不可欠です。

 

また、すべての小規模ビジネスはレスポンシブなwebサイトにも投資することをお勧めします。72%のユーザーがモバイルで使いやすいサイトが不可欠であると回答している一方で、全体的に見てモバイルに最適化されているサイトと比較してそうでないサイトに当たったユーザーはそのサイトを5倍離れる傾向にあります。

 

結論から言うと、サイトを訪問したユーザーには、モバイルであるかモバイル以外であるかを問わず、できるだけ早く必要な情報を見つけることができることが求められます。この目標を達成するために、すべてのレイアウトとナビゲーションを最適化してください。ページの読み込み時間も同様です。ページの読み込みに平均で3秒以上かかる場合、半分以上の訪問者はページを離れてしまいます。この理由から、賢明な小規模ビジネスであるならば、画像を含めたサイトの最適化に十分な時間を投資し、ページの読み込み時間を短縮することをお勧めします。

5. 再利用を繰り返す

 

すばらしいコンテンツの制作には大量の時間、人材、コストが伴います。コンテンツを再使用、再生利用、再構築する方法を探して、投資から最大限引き出せるよう努めましょう。例えば、ブログ記事はインフォグラフィックとして再利用できます。インフォグラフィックは様々なSNS用の画像やモーショングラフィックビデオとして再利用できます。

 

Adobe Creative Cloudの便利で使いやすいツール(Spark、Premiere Rush、InDesignなど)なら、この種類の再利用は小規模のチームで(1人でも)DIYでおこなえるため、よりコストのかかる請負業者や代理店に頼る必要がなくなります。

コストをかけずに、より多く、より良いものを制作 

 

これらの5つの戦略は、リソースが限られた小規模ビジネスのマーケティング担当者にとって驚くほどの成果をもたらします。自分たちが持っている以上のものを出すことができるだけでなく、適切な部分に注力して費用対効果を最大限高めることができます。

 

Spark、Premiere Rush、InDesignなどにアクセスできるAdobe Creative Cloudグループ版が、どのようにして小規模ビジネスのマーケティングをより簡単にして費用対効果を高めるか、詳細をお確かめください。

ビジネスを成長させるクリエイティブな方法を探す

ユーザー事例


お客様がCreative Cloudグループ版を使用してどんな効果をもたらしているかをご紹介

ベストプラクティス


効果的なデザインやマーケティングの最新ガイドライン
 

チュートリアル


ステップバイステップのチュートリアルでクリエイティビティをレベルアップ

DIYマーケティングに活用できるアプリを見つける

 

Premiere RushSparkInDesign

法人向け Creative Cloudグループ版プランの選択

すべてのプランには、簡単なライセンス管理のためのAdmin Console、テクニカルサポート、Adobe Talentへの無制限の求人情報掲載、1TBのストレージが含まれます。

単体プラン

3,780 円/月(1ライセンス) (税別)


Photoshop、Illustrator、lnDesign、Spark、Acrobat Proなど、アドビのクリエイティブアプリを1つ選択

お得なプラン

コンプリートプラン

7,980 円/月(1ライセンス) (税別)

 

Photoshop、Illustrator、InDesign、Spark、Acrobat Proなど、20を超えるアドビの各種クリエイティブアプリをご利用いただけます。

電話でのご注文 : 0120-921-104

または、ちらからお問い合わせください。

ご不明な点がございましたら、チャットでお問い合わせください

大規模な組織での購入については、Creative Cloudエンタープライズ版の詳細
を参照してください。

* Acrobat Pro、Lightroom、InCopyの単体プランには、100GBのストレージが含まれます。