小規模ビジネスが競合他社に差をつける5つの方法

競争の激しい市場で存在感をアピールするヒント

ロゴ付きのドリンクキャリアを持つ手

少ない予算に何役もこなす社員たち。激しい競争の中、小規模ビジネスのリソースは限られています。大小多くの企業が競って自社製品をアピールする一方、Amazonのような大手マーケットプレイスのプレッシャーもあります。

 

小規模ビジネスの立ち上げ1年目(英語)は非常に困難なもので、優れた業績で5年以上運営するのはなおさらです。このため、小規模ビジネスの経営者にはちょっとした創造力が求められます。

 

もちろん自社ブランドに注目してもらう必要がありますが、制作チームや代理店を使って大々的に打ち出す予算がなくても、できることはたくさんあります。

ここでは、適切な顧客に最も効果的な方法でリーチするためのヒントをいくつかご紹介します。

ヒント1:顧客を理解する

 

マーケティング活動は、適切な顧客に対して適切なタイミングで実施します。溢れる情報に埋もれてしまうようなコンテンツの作成にリソースを費やすのは避けましょう。

 

今の顧客は、優れたエクスペリエンスを求めています。マーケティングと広告もこうしたエクスペリエンスの一部であり、顧客にとって関連性の高いコンテンツを提供する必要があります。そのためには、ネットをリサーチして顧客層や顧客行動を把握します。オーディエンスを理解できてはじめて、効果的なコンテンツマーケティング戦略を構築し、意義あるエクスペリエンスを提供することができます。

 

データを収集するうちに、ターゲットとなる顧客像がより明かになります。そのような顧客が、サイトを訪問するなど、自社と何らかのタッチポイントを持ったときに、ダイレクトマーケティングの受信に同意するよう促します。こうして作成した顧客リストからターゲットオーディエンスを特定し、新たな顧客の獲得に活用します。 

ヒント2:ニッチを満たす

 

見込み客を特定した後は、そのニーズ、および競合他社によって満たされていないニーズを把握します。競合他社についてリサーチをおこなって「隙間」を見つけます。次に、自社は他社が提供していない何を提供できるかを考えます。無料返品サービスや翌日配達保証はどうでしょう。顧客がカスタマイズできるよう製品ラインを拡大することも考えられます。

 

ニッチを満たすもうひとつの方法は、他社との提携です。自社と競合しない、同じ顧客をターゲットとする企業を見つけ、予算を出し合って共同で製品やサービスを提供します。無料サンプルの提供を実施したり、所在地が近い場合は、ファーマーズマーケットやマラソン大会といった地元のイベントで製品を共同で販売したりします。 

ヒント3:コンテンツをすばやく作成する

 

顧客にブランドの認識を深めてもらうために、コンテンツを頻繁に更新します。とは言っても、コンテンツを毎回ゼロから作り直す必要はありません。内容を少し変更するだけで、ブランドに関する最新情報を顧客に伝えることができます。

 

まず、コンテンツの掲載スケジュールを簡単にまとめます。これらのコンテンツは、共有が簡単で、必要な情報を伝えるものにします。記事やインフォグラフィック、ビデオなど、様々な形式を使用できます。これらのコンテンツをスケジュールに従って自社のwebサイトに掲載していきます。このように定期的に新しいコンテンツを追加することによって、Googleのランキングが上昇します。新しいコンテンツはこのほか、キャンペーンの一環として、また他のページからのリンク先としても活用できます。

 

次に、これらのコンテンツのサブセットをソーシャルメディアや電子メール、ディスプレイ広告に使用して、顧客に

自社サイトを訪問するよう促します。このとき、購入につながるコールトゥアクションを忘れずに追加します。

 

Adobe SparkAdobe Premiere Rushなどの使いやすいアプリを使用すると、プロ品質のコンテンツをすばやく簡単に作成して他社に差をつけることができます。美しいテンプレートや学習リソースを活用してすぐに使い始めることができ、コンテンツをゼロから作成する必要がありせん。そして特に便利な点は、アプリ間での画像の移動やコンテンツの公開をシームレスにおこなえることです。

ヒント4:ソーシャルメディアを活用する

 

小規模ビジネスがブランドの認識を高めて顧客に関心を持ってもらうには、ソーシャルメディアが最も重要なツールとなります。今日では、世界中で30憶人以上(英語)がソーシャルメディアを利用しています。ソーシャルメディアは、自社サイトを訪問してもらわなくても顧客と直接コミュニケーションが取れるため、小規模ビジネスにとって特に貴重な手段であると言えます。顧客の質問に答えたり、パーソナライズされたメッセージを送ったり、ときには製品を販売することもできます。

 

ソーシャルメディアへのコンテンツ投稿は無料で、小規模ビジネスによる有料広告の掲載は比較的低コスト(英語)で済みます。まずは、ニュースフィードの中でひと際目立つ魅力的なコンテンツを作成することです。

 

Sparkでは、画像とテキストを組み合わせてインフォグラフィックやビデオを簡単に作成でき、様々なソーシャルメディアプラットフォームに合わせて自動的にサイズが変更されます。ビデオを自分で撮影・編集する場合も、ビデオ制作の知識や経験はいりません。Premiere Rushを使えば、基本的な機能がすべて揃っています。 

ヒント5:モバイル対応にする


デスクトップ用に見事なサイトを作成しただけでは不十分です。競合他社に差をつけて優れたカスタマーエクスペリエンスを提供するには、コンテンツのモバイル対応が欠かせません。現在ではwebトラフィックの約半分(英語)がモバイルデバイスによるもので、モバイルコマースは成長の一途をたどっています。

 

サイトを頻繁にテストして、モバイルデバイスでの表示や機能を確認しましょう。できれば、すばやく表示されるように画像を圧縮したり、モバイルSEO対策を実施したりなど、最初からモバイルデバイスでの使用を想定したうえですべてのコンテンツをデザインします。希望の製品がサイトに表示されなかったり、表示に時間がかかりすぎたり、または検索や購入時の情報入力が困難だったりすると、優れたカスタマーエクスペリエンスとは言えず、製品の販売機会を逃すことになりかねません。

 

Adobe Creative Cloudグループ版では、小規模ビジネスのマーケティングに役立つアプリとサービスをご利用いただけます。

ビジネスを成長させるクリエイティブな方法を探す

ユーザー事例


お客様がCreative Cloudグループ版を使用してどんな効果をもたらしているかをご紹介

ベストプラクティス


効果的なデザインやマーケティングの最新ガイドライン
 

チュートリアル


ステップバイステップのチュートリアルでクリエイティビティをレベルアップ

ビジネスの加速を支援するアプリを見つける

法人向け Creative Cloudグループ版プランの選択

すべてのプランには、簡単なライセンス管理のためのAdmin Console、テクニカルサポート、Adobe Talentへの無制限の求人情報掲載、1TBのストレージが含まれます。

単体プラン

3,780 円/月(1ライセンス) (税別)


Photoshop、Illustrator、lnDesign、Spark、Acrobat Proなど、アドビのクリエイティブアプリを1つ選択

お得なプラン

コンプリートプラン

7,980 円/月(1ライセンス) (税別)

 

Photoshop、Illustrator、InDesign、Spark、Acrobat Proなど、20を超えるアドビの各種クリエイティブアプリをご利用いただけます。

電話でのご注文 : 0120-921-104

または、ちらからお問い合わせください。

ご不明な点がございましたら、チャットでお問い合わせください

大規模な組織での購入については、Creative Cloudエンタープライズ版の詳細
を参照してください。

* Acrobat Pro、Lightroom、InCopyの単体プランには、100GBのストレージが含まれます。