強力なコンテンツマーケティング戦略を立てる7つのステップ

十分に考慮して練り上げた戦略にもとづいてより効果的なコンテンツを簡単に作成して公開する方法を紹介します。

オフィスの机でノートPCを使用してコンテンツマーケティング戦略を立てている経営者

コンテンツマーケティングの目標達成への道筋

 

効果的なコンテンツを作成する第一歩は、すべてのマーケティング資料の指針となる戦略です。このコンテンツマーケティング計画が、船乗りにとっての北極星のように、各コンテンツの優先事項と落とし穴を判断する基準となります。戦略を立てることは必ずしも華やかな作業とは言えませんが、効果のないコンテンツとすばらしいコンテンツとの違いを生むものは戦略です。

 

ブログを書いたり次のソーシャルメディアへの投稿を作成したりする作業に取り掛かる前に、以下の主なステップに従って強力なコンテンツマーケティング戦略を立てましょう。
 

 

1. コンテンツの使命を定義


コンテンツを作成する際は、自社の使命、ターゲット顧客、作業の目的について考えることが重要です。作成するコンテンツは、お客様が新しいスキルを学ぶためのものでしょうか?ターゲット顧客に対してセールストークを切り出すためのものでしょうか?SEOやGoogleのランキング上昇のためのものでしょうか?リード生成が目的でしょうか?ターゲットとして購入者の人物像をどのように描いていますか?このようにコンテンツマーケティング活動の目的を絞り込むことで、はっきりした目標とそのための明確な道筋を設定しやすくなります。コンテンツのベースになるのがミッションステートメントで、コンテンツが誰のためにどのように役に立ち、どのようなメリットを提供するか、その概要を規定した体系に従う必要があります。

それぞれに人物が写った、3枚の並んだ写真

2. デジタルマーケティングの目標を設定

 

コンテンツを作成する場合、KPI(重要業績評価指標)で効果を測定および追跡できる必要があります。追求する目標と、目標を測定するうえで最適なメトリックを判断してください。お客様との関係を深めるためのインフォグラフィックを作成する場合は、リーチやエンゲージメントといったメトリックを重視します。オンライン販売に結び付く可能性があるユーザー事例を作成する場合は、コンバージョン率を重視します。

 

目標を立てる際は、業界のトレンド、ビジネス目標、購入者のジャーニーを考慮に入れます。これらの目標は、どのような種類のコンテンツを作成し、どのような種類の分析ツールを使用するかを判断するための材料になります。ビジネスの拡大やリソースの変化に合わせて、目標は定期的に見直してください。
 

 

3. コンテンツのテーマについてブレインストーミング

 

テーマを定義し、新しいコンテンツで取り上げるトピックについてブレインストーミングします。トピックは、コンテンツ、インサイト、または関心を持つ読者がなくならないように、十分に広範なものである必要があります。その一方で、ターゲット顧客の心に響き、自社ブランドと関連付けられる程度に十分に具体的である必要があります。このとき、ブランドの使命を理解することと、視覚的な美しさは不可欠です。

 

テーマを念頭に置いたうえで、採用するトーンや視点を決定します。コンテンツの目的は、教育、売り込み、創造力の刺激のどれでしょうか?お客様の抱える課題について考慮し、状況を改善できるコンテンツを検討します。自社の使命、目標、ブランドアイデンティティを理解すれば、コンテンツに合った、説得力のあるブランドボイスを見つけやすくなります。

ブレインストーミングのために壁に貼り付けられたマーケティング資料と付箋のコラージュ

4. コンテンツをホスティングおよび配信する場所を決定

 

SEO用に最適化されたランディングページを作成する場合も、定期的に更新するブログを作成する場合も、クリエイティブなソーシャルメディアプロフィールを作成する場合も、コンテンツをまとめ、共有する場所が必要です。コンテンツのプラットフォームを決める際は、ターゲット顧客を第一に考えて判断します。競合他社のコンテンツを調査し、競合他社がマーケティングキャンペーンをどのようにホスティングおよび配信しているかを確認します。一度にすべてをする必要はありません。コンテンツマーケティングにおいては、常に量よりも質が重要です。ビジネス目標を達成するには、低品質のコンテンツを急いで作成するよりも、熟慮して取り組む方が効果があります。
 

 

5. コンテンツのフォーマットを定義

 

作成するコンテンツのフォーマットを決定する際には、その候補として、ビデオ、記事、ポッドキャスト、ソーシャルメディアマーケティングキャンペーン、インフォグラフィックを検討します。作成するコンテンツの種類は、自社のターゲット顧客と配信プラットフォームにもとづいて決定します。例えば、ビデオはFacebookと非常に相性が良いため、Facebookを利用しているお客様に対してビデオを媒体に採用する意味はあると言えます。TwitterやLinkedInを主に利用しているお客様向けには、ニュースレターを発行して、長文のコンテンツや先進的なアイデアに関する記事を作成することを検討します。


 

6. コンテンツカレンダーを作成

 

コンテンツマーケティングのカレンダーを作成することで、一定のペースで新しいコンテンツをお客様に配信できます。このステップは戦略において非常に重要な部分ですが、これより前に他のステップをおこなうのには理由があります。コンテンツの作成およびマーケティング戦略の理由、場所、方法、対象者を理解できていなければ、どのようなコンテンツを作成しても目的を達成できない可能性があります。ここまでの手順で、マーケティング資料の方向性を決めて焦点を絞る指針となる制約を作成しました。この時点から、コンテンツで目標を確実に達成するための編集カレンダーを作成できます。

一部の日に画像やサンプルテキストが挿入されている編集カレンダーの例

7. 試し、学び、調整し、繰り返す

 

コンテンツ戦略は、生きているドキュメントです。コンテンツを作成してユーザーからインサイトを集めながら、変化させ、成熟させる必要があります。アンケートや投票でフィードバックを募集し、投稿に対するコメントに返信して、webサイトのトラフィックとエンゲージメントをモニタリングします。その後、異なるコンテンツフォーマット、トピック、トーン、配信方法を試すことができます。お客様に対する理解が深まれば深まるほど、より効果的に戦略を調整してブランドの認知度を向上できます。

 

計画の運用を開始したら、いよいよ創造性を発揮するときです。質の高いコンテンツを作成する際に幅広く活用できるリソースのひとつが、Adobe Creative Cloudグループ版です。デザイン、web、ビデオ、写真制作のための20以上のアプリを利用できます。また、グラフィックをチームで簡単に共有できるCreative Cloudライブラリや、クリエイターがすばやく簡単にソーシャルグラフィックを作成できるAdobe Sparkも利用できます。

ビジネスを成長させるクリエイティブな方法を探す

ユーザー事例


お客様がCreative Cloudグループ版を使用してどんな効果をもたらしているかをご紹介

ベストプラクティス


効果的なデザインやマーケティングの最新ガイドライン
 

チュートリアル


ステップバイステップのチュートリアルでクリエイティビティをレベルアップ

コンテンツマーケティング戦略用の素材作成に役立つアプリを探す

法人向け Creative Cloudグループ版プランの選択

すべてのプランには、簡単なライセンス管理のためのAdmin Console、テクニカルサポート、Adobe Talentへの無制限の求人情報掲載、1TBのストレージが含まれます。

単体プラン

3,780 円/月(1ライセンス) (税別)


Photoshop、Illustrator、lnDesign、Spark、Acrobat Proなど、アドビのクリエイティブアプリを1つ選択

お得なプラン

コンプリートプラン

7,980 円/月(1ライセンス) (税別)

 

Photoshop、Illustrator、InDesign、Spark、Acrobat Proなど、20を超えるアドビの各種クリエイティブアプリをご利用いただけます。

電話でのご注文 : 0120-921-104

または、ちらからお問い合わせください。

ご不明な点がございましたら、チャットでお問い合わせください

大規模な組織での購入については、Creative Cloudエンタープライズ版の詳細
を参照してください。

* Acrobat Pro、Lightroom、InCopyの単体プランには、100GBのストレージが含まれます。