ビデオマーケティングで視聴者を魅了しましょう

ビデオマーケティングを通じてトラフィックを促進し、視聴者とつながる方法を説明します。

デスクトップコンピューターでビデオマーケティングコンテンツを制作している経営者

デジタルマーケティング戦略にビデオコンテンツが必要である理由


他のほとんどのコンテンツマーケティング手法では不可能なほど、人々の注意をひきつけるビデオは、オンラインでの普及が進む一方です。取り扱いが容易なビデオは、ブランドを紹介し、視聴者の行動を促すために理想的な方法です。webサイトにビデオを追加すると、SEOのランキングが飛躍的に上がり、Googleの検索結果の最初のページに表示される確率が50倍になります。

 

 

 

ビジネスに最適なビデオのタイプ


撮影を開始する前に、自分の目標とリソースについて、重要な質問に答える必要があります。制作するビデオには会社が反映されることを忘れないでください。スクリプトから撮影場所のすべてを含む、制作についての意思決定は、ブランドアイデンティティとターゲット視聴者を考慮しておこなう必要があります。

 

明確な目標を設定してビデオを制作しましょう。そうすれば、マーケティング活動に最も効果的なツール、ビデオ形式、プラットフォームの選択が容易になります。販売が、2分間のブランドストーリービデオとまったく異なることを発表する短いビデオ。前者には、実施要請が含まれることがあり、成功指標と統計において、変換率とクリックスルー率に重点が置かれますが、後者では、成功がエンゲージメント率で評価され、印象によるブランド認知度が向上する可能性があります。

 

 

ビデオマーケティングコンテンツのプラットフォームおよび予算の考慮事項

最終目標がソーシャルメディアである場合は、スマートフォンと小型画面サイズに対応したプランを立てるようにし、若い視聴者には、短いコンテンツ向けのソーシャルメディアチャンネルでビデオを視聴する傾向があることを憶えておいてください。インフルエンサーを雇うための予算を考慮することもできます。より長いコンテンツの場合は、自分のYouTubeチャンネルまたはVimeoからのビデオを埋め込むことも良い方法です。これらのサイトでは、より短い読み込み時間で高解像度のストリーミングが可能であるためです。

Instagramでの企業の複数のビデオマーケティング投稿のコラージュ

ビデオ制作価値が高いことは理想的ですが、ビデオマーケティングコンテンツの予算は、短期間のうちに膨れ上がる可能性があります。短いソーシャルメディアビデオが目標である場合、コスト効率が最も高いのは社内リソースでしょう。このビデオを、webサイトのホームページまたはランディングページに配置する場合は、プロのビデオグラファーへのアウトソーシングにより高品質コンテンツを確保することに、予算を増やすだけの価値があると考えられます。

ビデオ制作のステップ


ビデオマーケティングキャンペーンを成功させるための定型的な手法はありませんが、制作を決定したビデオのタイプにかかわらず、いくつかのステップに従ってプロセスを進めることをお勧めします。

 

 

1.プラン

強固なプランに従って進めると、多くの中断や障害を回避できます。目標、視聴者、プラットフォーム、ビデオ出演者を決定します。ビデオを屋外で撮影する場合は、天候や時刻もプランに入れます。

 

 

2.スクリプト

せりふがない場合でも、スクリプトは必要です。ほとんどの短いビデオには、2段落ほどのスクリプトがあれば十分です。必要な場面の音声、グラフィックス、せりふを書きます。スクリプトで、ビデオ内の会話や他の要素の時間を計り、判断に迷う場合は、できるだけ簡潔にします。

デジタル一眼レフカメラによる、会社のビデオマーケティングコンテンツ制作
紙のノートを開いている人


3.撮影プロジェクト

撮影日になったら、使用機器が適切であることを確認します。購入できる機器が1台だけである場合は、オーディオ機器を購入します。スマートフォンでも、ある程度の品質のビデオは撮影できますが、音声の品質が低いビデオは視聴者に受け入れられません。幸いなことに、ある程度の品質の音声は、意外に低いコストで実現できます。ガンマイクは、すばらしいオールラウンドマイクですが、非常に明瞭に会話を録音する場合に最適なのは、ラベリアマイクです。屋外で撮影する場合は、カサカサという風の音を防ぐために、風よけも用意するとよいでしょう。

 

 

4.編集

クリップのトリミングと配置は、あらゆる編集プロセスの基本です。これは、ほとんどの編集ソフトウェアで、直観的なドラッグ&ドロップで実行できます。Bロールカットやトランジションを映像で駆使し、タイトル、グラフィックス、アニメーションを追加します。特殊エフェクトや独自のトランジションは刺激的ですが、使いすぎると目障りになるため、最小限にとどめます。

 

 

5. ボイスオーバーまたは音楽の追加

Balancing 音楽、会話、サウンドエフェクトのバランスを取ることは、視聴者とつながるためのビデオの制作にとって重要です。各要素のフェードインとフェードアウトを交互におこなってトランジションをスムーズにしたり、この3要素で実験をおこなって互いに補い合う音量レベルを見つけたりできます。使用する音楽については、必ずライセンスを取得します。取得しない場合は、ロイヤリティフリーのトラックを選びます。

自分のビデオマーケティング戦略に適したコンテンツタイプの選択

 

1. ブランドストーリー

ブランドストーリービデオで、会社の背景と理念を共有して、顧客との感情的なつながりを築きます。Ugmonkは、見応えのあるブランドストーリーで、職人の原点を強調し、制作プロセスの一部を紹介しています。

 

 

2.ライブビデオ

仮想イベントとオンラインセミナーは、ソーシャルメディアプラットフォームでますます人気を集めている手法です。FacebookとInstagramでは、ワンタッチ(ビデオ編集は不要)でライブで公開できるため、非公式のコミュニケーションに最適です。ライブストリーミングでの問題は、品質が下がることと、環境を完全には予測できないことです。公式イベントの場合は、高品質のオーディオ機器を購入するか、可能であれば、様々な角度から撮影する複数のカメラを用意して、映像の中断を防止します。

 

 

3.エキスパートの面接

インタービュービデオで、通常は近づくこともできないような注目の人物と交流できるユニークな機会を視聴者に提供しましょう。エキスパートにより、ブランドの信頼性が高まり、普段の生活では購入の機会がないような消費者にメリットがもたらされるため、ブランドが認知される範囲を組織的に広げることができます。アーティストであるGerald Mooreとのこのインタビューで、このようなビデオを制作する効果がわかります。

 

 

4.チュートリアルおよび解説ビデオ

これらのビデオは、短く、シンプルで、参考になるものでなければなりません。製品やサービスが使いやすく効果的であると、顧客を納得させることが目的であるためです。このインフォグラフィックは、完璧な解説ビデオの制作方法を学ぶために役立つステップを示しています。

 

 

5. 事例紹介

このコメントビデオは、プロジェクトのシンプルさと効果が保たれている良い例です。Adobe Premiere Proなどの編集プログラムでは、可視化されたデータをアニメーションにしたり、映像に直接オーバーレイを使用したりできます。

 

 

6. アニメーション

マーケティングビデオは退屈であるとは限りません。アニメーションビデオは、その良い例のひとつです。アニメーションで、魅力的なストーリーをユニークな方法で紹介することができます。SamsungのQLED TV向け製品ビデオは、ビデオ広告で視覚的に極めて印象的なアニメーションの良い例です。多くのアニメーションアプリを調べて、この方法が自分のプロジェクトに最適かどうかを確認しましょう。また、効果が数字に現れることを望む場合は、アニメーションインフォグラフィックが、視聴者のアクセスを維持しながら、重要な数字を伝えるために最適な方法です。

 

 

 

 

ROIを最大限にするためのビデオの最適化


検索エンジン用ビデオを最適化し、書き出すだけで、目的のプラットフォームで共有することができます。 プロ用の機器がなくても、プロとしての研修を受けていなくても、ビデオコンテンツマーケティングをすぐに始めることができます。優れたビデオ戦略には、高価なカメラと制作費用を合わせた以上の価値があります。役に立つ多くのアプリを備えたAdobe Creative Cloudは、マーケティングビデオの制作を考えているチームに最適なツールです。ストーリーを紹介し、シンプルなストーリーを維持すると、メトリックが向上します。

ビジネスを成長させるクリエイティブな方法を探す

ユーザー事例


お客様がCreative Cloudグループ版を使用してどんな効果をもたらしているかをご紹介

ベストプラクティス


効果的なデザインやマーケティングの最新ガイドライン
 

チュートリアル


ステップバイステップのチュートリアルでクリエイティビティをレベルアップ

説得力のあるビデオマーケティングの制作に役立つアプリを探す

法人向け Creative Cloudグループ版プランの選択

すべてのプランには、簡単なライセンス管理のためのAdmin Console、テクニカルサポート、Adobe Talentへの無制限の求人情報掲載、1TBのストレージが含まれます。

単体プラン

月額4,158 円 (税込)


Photoshop、Illustrator、InDesign、Spark、Acrobat Proなど、アドビのクリエイティブアプリを1つ選択

お得なプラン

コンプリートプラン

月額8,778 円(税込)

 

Photoshop、Illustrator、InDesign、Spark、Acrobat Proなど、20を超えるアドビの各種クリエイティブアプリをご利用いただけます。

電話でのご注文 : 0120-921-104

または、ちらからお問い合わせください。

ご不明な点がございましたら、チャットでお問い合わせください

大規模な組織での購入については、Creative Cloudエンタープライズ版の詳細
を参照してください。

* Acrobat Pro、Lightroom、InCopyの単体プランには、100GBのストレージが含まれます。