ホワイトペーパーの執筆、デザイン、およびプロモーション

ホワイトペーパーにより、データと調査を使用して潜在顧客と信頼関係がどのように構築されるかを説明します。

様々なホワイトペーパーのページのコラージュ

優れたホワイトペーパーは、ビジネスの最高の事例となります。


ブログ、ポッドキャスト、ソーシャルメディアなどのマーケティング資料により、読者はブランドに親しみを覚えるようになりますが、ビジネスの意思決定者は、購入を検討し始めると、多くの場合、製品と販売者に関してさらに知見を求めます。ターゲット読者は、企業をより詳しく知る必要があるのです。また、製品やサービスに購入する価値があること、つまり、その企業がどのように役立つかを理解する必要があります。ホワイトペーパーは、証拠を示す例を示して、潜在顧客やパートナーを納得させるために役立ちます。

ホワイトペーパーとは


ホワイトペーパーは、エビデンス、事実、論理を使用して、特定のトピックや問題をビジネスの読者にわかりやすく解説する説得的な小論文で、通常は3,000~5,000語で書かれています。ホワイトペーパーは、潜在顧客またはパートナー(および共同で作業する技術的エキスパート)であるターゲット読者が、特定の方法で問題を解決したり、特定の結論に達したりするよう促します。ホワイトペーパーは、通常、顧客の購入サイクルの初期または中間ステージの一部です。

 

ホワイトペーパーには、2つの主なタイプがあります。

 

  • 背景説明は、製品やサービスの利点について説明し、エビデンスを使用して、その製品やサービスがターゲット読者にとって有益である理由を説明します。必ずしも、売り込みのためのドキュメントではなく、むしろ、このサンプルホワイトペーパーのように、製品やサービスに関するエビデンスを見れば、有益であることがわかります。

  • 問題解決アプローチは、業界の一般的な問題点を特定し、それに対する解決方法を提供します。 この解決方法のために読者は、企業が提供する製品やサービスを購入することになります。Ventyxのこのホワイトペーパーは、問題解決アプローチの一例です。

 

どちらの場合でも、ホワイトペーパーの目的は、企業の専門技術と知識を提示し、顧客のために価値を創出する能力を紹介することです。ホワイトペーパーは、全体的なマーケティング戦略の一部ではありますが、直ちに収益につながるのではなく、潜在顧客との関係を深め、信頼感を築くために重要です。

 

重ねられた3ページのホワイトペーパー

ホワイトペーパーに含めるべき内容


エグゼクティブサマリー。

ホワイトペーパーは、エグゼクティブサマリーと呼ばれる、主題の短い要約で始めます。このサマリーには必ず、ホワイトペーパーの重要な結論と本旨を含める必要があります。このセクションは、技術的知識のない読者にも完全に理解できるものでなければなりません。

 

製品やサービスの有益さの裏付けとなる調査

ホワイトペーパーは、読者を説得するものですが、売り込み文句ではありません。ホワイトペーパーは、製品やサービスの有効性に関するものですが、美辞麗句やブランド化ではなく、調査、有用な情報、具体的な数字で有効性を主張します。たとえ、マーケティング部門により書かれたものであっても、マーケティング部門の文書ではなく、教育的または学問的な文書のように書かれていることが必要です。

 

優れたホワイトペーパーは、可能な限り、ビジネスにとって最適な方法でデータを提示し、顧客の問題点に対処しています。多くの場合、第三者による調査やユーザー事例が使用され、企業のブランドを支持する結果が示されており、それが、顧客が購入の決定を下す際に役立ちます。

 

プロフェッショナルでありながらわかりやすい口調

ホワイトペーパーは、高レベルのビジネス構想と、現場レベルの技術情報のどちらにも属さない文書です。ビジネスの技術的な側面を高いレベルで理解しているが、すべての技術的詳細を理解してはいない、企業の経営幹部や部長などのビジネスの意思決定者にとってわかりやすいものである必要があります。

 

また、技術者である読者も考慮に入れて書かれている必要があります。COOやCTOのような意思決定者は、技術的な背景を持っていることが十分に考えられ、経営幹部は、多くの場合、決定を下す前に技術のエキスパートの助言を求めます。技術のプロフェッショナルがホワイトペーパーを読んだときに納得できるほど、十分に詳しく、事実にもとづいて書かれていなければなりません。

 

簡潔で機能的なデザイン

ホワイトペーパーには、写真、チャート、インフォグラフィックスが埋め込まれていることがよくあります。ただし、これらの要素はすべて、図解ではなく、情報伝達のために含まれていることが必要です。ホワイトペーパーのデザインは、簡潔でプロフェッショナルでなければなりません。視覚的要素は、ホワイトペーパーのわかりやすさと説得力を大幅に高めますが、学問的論文や技術的記事の視覚的要素と同じ役割を果たす必要があります。

 

ホワイトペーパーは必ず、簡単にダウンロードできるPDFとしてリリースする必要があります。また、文書作成スイートから、Adobe InDesignのようなデザインアプリまでの多くのプログラムで作成できます。ブログの投稿やその他のオンラインアセットではなく、技術雑誌や定期刊行物と同様の形式で作成します。ホワイトペーパーテンプレートを使用すると、この基準を満たすことができます。

 

Adobe InDesignでのホワイトペーパーの作成

ホワイトペーパーの公開とプロモーション


ホワイトペーパーは通常、ダウンロード可能なPDFであるため、それ自体を、Googleなどの検索エンジン用に最適化する必要はありません。 それよりも、SEO最適化されたランディングページにホワイトペーパーを関連付ける必要があります。

 

ホワイトペーパーは、他のタイプのコンテンツマーケティングのバックボーンとなる可能性もあります。ホワイトペーパーを作成したら、プレスリリース、ブログの投稿、ソーシャルメディアの投稿、ポッドキャスト、インフォグラフィックス、オンラインセミナー、および他の利用可能なあらゆるチャネルでプロモーションをおこないます。ホワイトペーパーは、ブログやFAQなどの短いマーケティングアセットでプロモーションをおこなう必要があります。 企業のブログで何かを調査している読者がいたら、その読者に、ホワイトペーパーをダウンロードして、詳しく調べることを勧めましょう。最初のブログの投稿やツイートにより、読者は注意を引かれますが、ホワイトペーパーによって、読者に信頼感が生まれます。このコンテンツマーケティング資料は、Adobe Creative Cloudグループ版に含まれるアプリなどのクリエイティブデザインアプリで、数多く作成できます。

 

ホワイトペーパーは、長期にわたって提供される傾向があるため、長期的マーケティング戦略の一部として有効です。ホワイトペーパーに記載されたエビデンスは、適切である限り、将来のコンテンツマーケティングサイクルに組み込み、長期間にわたってミドルファネルアセットとして使用することができます。

ビジネスを成長させるクリエイティブな方法を探す

ユーザー事例


お客様がCreative Cloudグループ版を使用してどんな効果をもたらしているかをご紹介

ベストプラクティス


効果的なデザインやマーケティングの最新ガイドライン
 

チュートリアル


ステップバイステップのチュートリアルでクリエイティビティをレベルアップ

魅力的なホワイトペーパーのデザインに利用できるアプリを見つける

法人向け Creative Cloudグループ版プランの選択

すべてのプランには、簡単なライセンス管理のためのAdmin Console、テクニカルサポート、Adobe Talentへの無制限の求人情報掲載、1TBのストレージが含まれます。

単体プラン

月額4,158 円 (税込)

本体価格3,780円/月〜


Photoshop、Illustrator、InDesign、Spark、Acrobat Proなど、アドビのクリエイティブアプリを1つ選択

お得なプラン

コンプリートプラン

月額8,778 円(税込)

本体価格7,980円/月〜

 

Photoshop、Illustrator、InDesign、Spark、Acrobat Proなど、20を超えるアドビの各種クリエイティブアプリをご利用いただけます。

電話でのご注文 : 0120-921-104

または、ちらからお問い合わせください。

ご不明な点がございましたら、チャットでお問い合わせください

大規模な組織での購入については、Creative Cloudエンタープライズ版の詳細
を参照してください。

* Acrobat Pro、Lightroom、InCopyの単体プランには、100GBのストレージが含まれます。