イラストレーションコース  LAM先生 ゼミ
「ダークな世界観演出」

Adobe Photoshop CCでイラストを楽しむ

ここでしか手に入らない!先生の作例ファイルと画像を用いて描いてみよう


LAM先生のゼミでは、簡単なテクニックで
ダークな世界観を演出する方法を学びます。
Before
Before
After
After
LAM先生
LAM先生

 

イラストレーター。東京在住。

ゲーム会社を退職し2018年3月からフリーランスに転向。
キャラクターデザイン、ゲームイラストなどで幅広く活動中。

代表作:MyDearest株式会社「東京クロノス」キャラクターデザイン、TYPE-MOON「Fate/Grand Order」概念礼装イラスト、

アーケードゲーム「WACCA」等。

 

受講生へのメッセージ

写真素材を利用したイラストの加工を紹介します。
簡単な操作でイラストの密度を高めることが出来るので
初心者の方も是非チャレンジしてみて下さい!

受講のステップ

STEP1

 

無料体験版や作例ファイルなどの教材をダウンロードしよう

STEP2

 

映像授業を見て、先生のお題に取り組もう

STEP3

 

10月31日(水)23:59までに
Twitterに作品や質問を投稿しよう

 

LAM先生からのお題

「ダークな世界観を表現する」

 

LAM先生からのお題

 

Photoshopで、写真素材を用いてダークな世界観の作画にチャレンジしてください。
実践を通して、写真合成で背景制作を行うテクニックや、光や煙・霧の演出方法を学ぶことができます。
 

お題に取り組んだら、ぜひ2018年10月31日(水)23:59までに
Twitterで、作品を投稿してください
LAM先生が各作品にアドバイスします
 

※アドバイスはTwitter上でアドビの公式アカウント(@AdobeStudentsJP)から行います。
※選択した数名のみとなります。予めご了承ください。
 

STEP1

無料体験版と作例ファイルなどの教材をダウンロードしてさっそく始めよう
 
 

 

 

※無料体験版はすべての機能をご利用いただけます。試用期間が限られますのでご注意ください

※教材には、「LAM先生作例ファイル」「お題に使用する写真素材」が含まれます。

 

STEP2

映像授業で学んで先生のお題に取り組もう
1.素材合成で行う 背景のつくり方

1.素材合成で行う背景のつくり方

 

2.ランタンなどの光を 表現するテクニック

2.ランタンなどの光を表現するテクニック

 

3.漂う煙・霧のつくり方

3.漂う煙・霧のつくり方

4.イラストを引き立たせる 仕上げテクニック

 

4.イラストを引き立たせる仕上げテクニック

 

1.素材合成で行う背景のつくり方


素材を使ってリアリティのあるイラストに!
写真合成で背景をつくる方法を学びます

1.素材合成で行う背景のつくり方  
1.写真から使いたい範囲を選択する
2.イラストにレイヤーをコピーする
3.色味を馴染ませる

 

1.写真から使いたい範囲を選択する
2.イラストにレイヤーをコピーする
3.色味を馴染ませる 

2.ランタンなどの光を表現するテクニック


使う機能はたった1つだけ!
妖しく輝く光を表現する方法を学びます 

2.ランタンなどの光を表現するテクニック  
1.ブラシで光を描く
2.消しゴムで整える
3.不透明度で光の強さを調整する

 

1.ブラシで光を描く
2.消しゴムで整える
3.不透明度で光の強さを調整する 

3.漂う煙・霧のつくり方

 

ダークな世界観が一気に引き立つ!
写真合成で煙・霧をつくる方法を学びます

 

3.漂う煙・霧のつくり方  
1.写真素材から使いたい範囲を選択する
2.描画モードを指定する
3.不透明度で色味を調整する

 

1.写真素材から使いたい範囲を選択する
2.描画モードを指定する
3.不透明度で色味を調整する

4.イラストを引き立たせる仕上げテクニック


この一手間で、クオリティーが劇的に変わる!
ノスタルジックな雰囲気を演出する、イラストの仕上げテクニックを学びます

4.イラストを引き立たせる仕上げテクニック  
1.ドットのテクスチャを適用する 
2.不透明度を下げ、不要な部分のテクスチャを消去する
3.明るさとコントラストを調整する

 

1.ドットのテクスチャを適用する 
2.不透明度を下げ、不要な部分のテクスチャを消去する
3.明るさとコントラストを調整する

 

STEP3

2018年10月31日(水)23:59までに
Twitterに作品や質問を投稿しよう

 

専用のハッシュタグを忘れずに記載の上、ご投稿ください
作品投稿の場合→ #LAM先生作品
質問投稿の場合→ #LAM先生質問

 

先生が各作品にアドバイスします

質問にも回答しますので、どんどんお寄せください

 

※アドバイスはTwitter上でアドビの公式アカウント(@AdobeStudentsJP)から行います
※選択した数名の作品、質問のみとなります。予めご了承ください
※Twitterのアカウントを非公開に設定している場合、質問の回答やアドバイスができません。
 投稿される場合は、アカウントを公開に設定してご参加ください。
LAM先生にインタビュー
 

Q.アドビ製品のオススメポイントがあれば教えてください

A.学生時代からPhotoshopとIllustratorを使用しています。
多機能で使いやすく、使用例やチュートリアルが多いので初心者でも安心して使用できます。

アドビ製品を使用している企業も多いので就活にも有効なスキルです。

 

Q.インターフェイスのカスタマイズ内容を教えてください

A.特にいじらず、デフォルトのインターフェースを使用しています。
サブウィンドウを小さく表示し、サムネサイズの印象を見ながら作業することもあります。  

 

Q. Photoshopをおすすめする理由を教えてください

A.基本的な操作で簡単にイラストに効果を与えることが出来ます。
作画もPhotoshop上で可能なので、ソフト1つあれば全ての工程を行うことが可能です。

無料体験版終了後、引き続きご利用いただくには
 

Photoshop、Illustrator、Premiere Pro、After
Effectsなどアドビのクリエイティブアプリがすべて使える

Creative Cloudコンプリートプラン学生・教職員個人版は一般のお客様より最大60%OFFの価格でご利用いただけます。

 

学生・教職員個人版の購入資格について

他のゼミも見る

[テーマ]
心を揺さぶる背景
よー清水 先生ゼミ
 
[テーマ]
光りと影の現像風景
mocha 先生ゼミ
 
[テーマ]
動きのあるドローイング演出
pomodorosa 先生ゼミ
 
[テーマ]
ときめきを生むキャラ演出
竹花ノート 先生ゼミ
 
[テーマ]
スタイリッシュなキャラ演出
POKImari 先生ゼミ
 
 
[テーマ]
物語が広がるファンタジー世界
裕 先生ゼミ
 
[テーマ]
魅力溢れるキャラメイキング
まご 先生ゼミ
 
 
[テーマ]
世界観を引き立てる本の表紙デザイン
柊椋 先生ゼミ
 
 
[テーマ]
文字と図形で彩るミュージックビデオ
大橋史 先生ゼミ