レッドオレンジカラーで美しい輝きを

レッドオレンジについての基本を学び、色の心理学に基づく意味を理解し、この色によく合う配色の例を見てみましょう。

カラーホイール上にあるどんな色調も、色の心理学によれば、それぞれ**固有の意味**を持っています。この知識は生活のあらゆる場面で活用できますが、クリエイティブデザインにおいてはとりわけ重要となってきます。それは、どんな色を選ぶかによって、作品の持つメッセージは大きく影響を受けるうえに、デザインの受け取られ方も変わってくるためです。それでは、レッドオレンジカラーの持つ意味とは何でしょうか。この記事で理解を深めてください。

レッドオレンジカラーの持つ意味とは

レッドオレンジは、オレンジレッドと呼ばれることもある色で、16進コードは#ff5349、RGB値はR:100、G:32.5、B:28.6です。明るく、大胆で、気分を高揚させるカラーです。

レッドオレンジは体力や活力、健康と結び付く色なので、デザインを陽気で快活なものにしたいときには、おそらくベストな選択肢でしょう。少々異なる主張を持つ色をお探しの場合は、レッドオレンジに代わる以下のカラーバリエーションを試してみてください。

レッド 16進コード:#ff0000

オレンジ 16進コード:#ffa500

バーントオレンジ 16進コード:#cc5500

レッドオレンジによく合うサポートカラー

明るく目立つ色なので、レッドオレンジを他の色と組み合わせるのは難しいと感じるかもしれませんが、実際にはかなり手堅い選択肢もあります。人を惹きつけ、注目を集めるためには、レッドオレンジにブルーやグリーンを組み合わせると効果的です。

少々ファンキーなデザインにしたい場合は、ピンクを使って明るいオレンジ色を引き立たせるのも良いでしょう。1960年代の「フラワーパワー」のポップアートを取り入れたファッションやインテリアがその例です。

あらゆる色でデザインを

役立つヒントやリソースを活用して、さまざまな色が作品にもたらす効果について学ぶとともに、グラフィックデザインへの理解を深めましょう。ロゴやアイコンからイラスト、ポスターまで、Adobe IllustratorPhotoshop、**InDesign**を使って作成できるものを見てみましょう。