JPEGとJPEG 2000

JPEGは、ビジュアルコンテンツをオンラインで共有し、アップロードするために広く使われている、最も一般的なファイル形式のひとつですが、JPEG 2000は、そうではありません。JPEG形式とJPEG 2000形式には、どのような共通点があり、どちらを使うべきでしょうか。ここでは、JPEGとJPEG 2000の主な類似点と相違点を紹介します。

JPEGとJPEG 2000のマーキー画像

学習内容

 
  • JPEGファイルとは
  • JPEG 2000ファイルとは
  • JPEGファイルとJPEG 2000ファイルの違い
  • JPEGファイルとJPEG 2000ファイル:よくある質問

 

 

JPEGファイルとは

JPEGは、Joint Photographic Experts Groupの略です。1986年に発表されたJPEGは、徐々に最も一般的な画像形式となりました。最も一般的な用途のひとつは、webでのデジタル画像のアップロードと共有です。非可逆形式であるため、元の画像から画質が低下しますが、JPEGは、通常、デジタルの用途には十分な画質を備えています。JPEGの大きなメリットのひとつは、実質的にすべての画像処理プログラムとブラウザーに対応していることです。

 

JPEGファイルの詳細を見る

 

 

JPEG 2000ファイルとは

JPEGと同様に、JPEG 2000を作成したのもJoint Photographic Experts Groupでした。JPEG 2000は、JPEGファイルの改良バージョンとして、より高い圧縮率で、より高品質の画像を実現するために作成されました。JPEG 2000は、JPEGの非可逆圧縮ではなく、可逆圧縮をおこなって、より多くの画像データが変換処理中に保持されるよう設計されています。より複雑なファイル形式であり、サポートするソフトウェアアプリケーションが少ないため、JPEG 2000は、JPEGほど一般的ではありません。

 

JPEGファイルとJPEG 2000ファイルの違い

JPEGとJPEG 2000は、名前が似ていますが、非常に異なる2つの画像ファイル形式です。ここでは、必要に応じて、最適な形式を選択できるよう、その相違点を説明します。

 

画像の解像度

JPEGとJPEG 2000を比べたときに、最初に気づく相違点は画質です。高度なエンコーディング方式を使用するJPEG 2000は、JPEGより画像解像度に優れています。これは、可逆圧縮により、多くのビジュアルデータを失うことなく、ファイルを圧縮できるためです。同時に、必要に応じて、高品質の非可逆圧縮を選択することもできます。

 

JPEG 2000ファイルでは可逆圧縮がおこなわれるため、サイズがJPEGより大きくなり、オンラインでの送信、アップロード、表示にかかる時間が長くなる場合があります。 

 

圧縮

JPEGでは非可逆圧縮が行われるため、JPEGとしてファイルを保存すると、元の画像から一部のビジュアルデータが失われることになります。JPEGは、ファイルサイズが小さくなるため、品質が低下するのは当然であるとも言えますが、JPEG 2000では、高品質と妥当なファイルサイズの両方が実現されています。

 

JPEG 2000では、どの程度の詳細を保持するかに応じて、可逆圧縮と非可逆圧縮をユーザーが選択できます。可逆圧縮では、比較的高い品質の画像を得ることができます。

 

圧縮率が高いため、JPEG 2000では、JPEGより最大200%高率で画像を圧縮することもできます。このとき、同じサイズのファイルと同じ品質が維持されます。

 

エンコーディング

この2つのファイル形式のもうひとつの主な違いは、コードにあります。JPEG 2000は、JPEGとは異なるコードにもとづいており、この新しいコードには下位互換性がありません。つまり、以前のハードウェアは、変更せずにJPEG 2000を使用することはできません。JPEG 2000が発表されたとき、開発者たちは、その使用を望んでいませんでした。JPEG用のコードの追加も必要になり、仕事が増えるためです。開発者からの広範なサポートがなく、日常的にコンピューターを使用するユーザーは、新しいJPEG 2000ファイル形式を、JPEGほど頻繁には目にしないため、普及するペースは遅くなりました。

 

さらに、JPEG 2000を使用するには、既に普及していたJPEGより多くのRAMが必要でした。JPEG 2000がリリースされた当時の平均的なコンピューターのRAMは64MBのみでした。これは、最近のほとんどのコンピューターでは問題になりませんが、JPEG 2000が広く普及しなかった、もうひとつの要因でした。

 

 

JPEGファイルとJPEG 2000ファイル:よくある質問

JPEGとJPEG 2000は、どちらが優れているのですか?

純粋に画質という点では、JPEG 2000の方が、JPEGより高品質な出力を実現できます。これは、JPEG 2000の方が圧縮率が高く、画像を処理して、JPEGより最大200%高率で圧縮することができるためです。しかし、より実用的なのはJPEGです。サイズが小さく、互換性が高いため、JPEGは、通常、JPEG 2000より処理、共有、保存が容易です。

 

JPEG 2000は、今でも使われていますか?

JPEG 2000は、現在も使われていますが、普及率が最も低い画像形式のひとつです。これは、発表されて以来、変わっていません。カメラメーカーとwebサイトは、普及が進むまではJPEG 2000形式の受け入れに消極的で、事実上、この形式の成長を阻んでいました。

 

JPEG 2000は、すべてのブラウザーでサポートされていますか?

JPEG 2000は、Safariなどの特定のブラウザーでのみ機能します。これは、JPEG 2000が、広く受け入れられている形式ではないためです。

 

JPEGとJPEG 2000のどちらでファイルを保存すべきですか?

JPEGとJPEG 2000には、異なる強みと弱点があるため、要件に応じて、保存する形式を選択するとよいでしょう。

 

  • 一般的なブラウザーでサポートされている必要があり、中程度の品質で構わない場合は、JPEGとして保存します。例えば、画像をwebにアップロードしたり、メールで送信したりする場合です。
     
  • 可逆圧縮(つまり、可能な限り高品質を保持すること)や、JPEGより高品質の非可逆圧縮が必要な場合は、JPEG 2000として保存します。

 

JPGとJPEGの違いは何ですか?

JPGとJPEGは、同じファイル形式です。JPGとJPEGはどちらも、Joint Photographic Experts Groupの略語であり、ラスター画像ファイル形式です。JPGが、4文字ではなく、3文字である理由は、初期のバージョンのWindowsでは、ファイル名の拡張子を3文字にする必要があったためです。

JPEG、JPEG 2000と他のファイル形式との比較

JPEGとTIFFファイルの画像

JPEGとTIFF

JPEGとTIFFの主な違いと使用方法を紹介します。

JPEGとPDFの画像

JPEGとPDF

ファイルの共有または保存に関して、JPEGの機能とPDFの可搬性を比較します。

HIECとJPEGファイルの画像

HEICとJPEG

必要な出力に応じて、どちらのラスター画像ファイル形式を使用すればよいかを解説します。

BMPとJPEGファイルの画像

BMPとJPEG

この2つの類似したラスターファイル形式を比較して、その相違点を紹介します。

最適なプランをお選びください

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,480 /月(税別)