こだわる、はかどる、動画編集

本郷奏多さんの動画編集におけるこだわりや工夫を大公開。チュートリアルを参考に実際に動画を作ってみましょう。

 

本郷奏多のこだわり

本郷奏多さんが趣味を発信する上で、大切にしている“動画制作のこだわり”や”時間の使い方”についてお聞きしました。

 

動画編集テクニック大公開!

Adobe Premiere Pro 使っている本郷奏多さんに、カット編集を効率化するショートカットキーの使い方や、チャンネル名を印象付けるアニメーションタイトルの簡単な作り方を特別に見せていただきました。

本郷奏多さんテクニック使って、

あなた編集しませんか?

Premiere Pro

カット編集を素早く行う

アニメーションタイトルと音楽を簡単に追加する

本郷奏多さんが編集した動画作品ものぞいてみませんか?

 

本郷奏多
Q:動画制作をはじめたきっかけはなんですか?

大学の友達との旅行を企画っぽい動画にして遊んでいたこと

もともと物を作るのが好きで、動画制作すること自体も好き。動画をはじめた大学生の頃は、友達と旅行に行っては企画っぽい動画を作って遊んでました。そもそも友達との旅行が楽しいのに、編集時にも思い出して楽しめて、完成した動画をみんなで見たときに笑ってくれる。一度の遊びを違った角度で何度も楽しめることが、僕が思う動画制作の魅力です。

Q:俳優業と動画配信の両立で大変なことはありましたか?

大変なのは「時間のやりくり」
それでも見てくれる人たちのために納得いく動画を作りたい

本業の役者をしながら動画をつくる僕にとって、大変なのは「時間のやりくり」。企画・撮影・編集まですべて自分でやっているんですけど、10分の動画を2週間以上かけて撮影することもあります。でも好きで続けていれば、だんだん編集のコツがつかめてくるんですよね。

Q:動画編集のこだわりやオススメのテクニックは?

簡単で基本的なことを大切に

僕の動画を見てもらうと分かると思うんですが、難しいテクニックとか、そんなに使ってないんです。撮影した素材をカットして、テロップをつけて、最後にBGMをのせるだけ。とにかく、シンプルでいい!自分の「好き」が伝わればいいんです!強調したいポイントでズームインしてみたり、効果音を入れたり、印象的に見えるような編集をしています。

Q:動画投稿を続けられるモチベーションを教えてください。

作った動画に自信がなくても、世の中に発信してみる

作った動画に自信がなくて公開をやめてしまう人も多いと思うんですけど、人に見せることで、今まで知らなかった自分の一面に気づくこともあります。最初は再生数も伸びないけど、1再生とか1コメントはくると思うんです。見てくれる人からの声が原動力になって、次も作ろうと思える。だから、世の中に発信することがやりがいに繋がるのかなと思います。

Q:Premiere Proを使っている人へアドバイス!

夢中になれることを誰かに伝えたいとき、Premiere Proは最高のツールになる

Premiere Proの良さは「やりたいと思ったものを、どうにかすれば必ず作れる」こと。無料のチュートリアル動画も充実しているので、やりたいことをそのまま検索すれば、まとめサイトが必ずある。行き詰まったらそれをそのまま真似すればいいんです。今は、プロと同じソフトを使って世界に発信できる時代。自分が夢中になれる何かを誰かに伝えたいと思ったとき、動画は最高のツールになります。
動画制作を続けていけばきっと楽しいと感じるはずなので、ぜひみなさんも動画編集にチャレンジしていただけたら嬉しいです。

この他にも、クリエイターが教えるチュートリアルをシリーズでご用意しています。

Premiere Pro

Creative Cloudロゴ

すべての人に「つくる力」を

写真、ビデオ、グラフィックデザイン、イラストなど、あらゆる創造力に応えるツールが揃っています。