絞りアイリスとは

カメラレンズの絞りアイリスが、センサーに届く光量をコントロールして、完璧な露光量で写真を撮影する仕組みを学びましょう。

「アイリス」と「絞り」は、カメラレンズの最も重要なパーツ2つです。カメラのセンサーに届く光量をコントロールすることで、写真が暗くなりすぎたり、明るくなりすぎたりするのを防ぎます。その絞りアイリスの、基本知識をご紹介します。

絞りとアイリスの違いとは?

カメラのレンズは、非常に精密で複雑な装置です。レンズは、被写体を拡大する役割を担っていますが、それ以上に重要なのは、センサーに届く光の量、つまり「露光量」を制御している、という点です。

露光量を制御するには、レンズのアイリスで 絞りを操作して、センサーに届く光量を制限します。同じ意味の用語として使用されることが多い「アイリス」と「絞り」ですが、2つには違いがあります。

アイリス カメラのレンズは、人間の目と同じように機能します。照明条件に応じて、開いたり閉じたりします。アイリスとは、カメラに入る光量を制限する、調整可能な開口部のことです。実際には、シャッターとスプリングが開閉します。

絞り 絞りとは、アイリスの開口部の穴のことです。広い絞り(低い絞り値)にすると、より多くの光が取り込まれます。そして、狭い絞り(高い絞り値)にすると、取り込まれる光が制限されます。

露出を管理する方法

絞りアイリスとはつまり、カメラに入射する光量を制御する機能です。

光が弱い環境下では、カメラのアイリスを開いて絞りを開き、できるだけ多くの光を入射させます。明るい場所では、アイリスを閉じて絞りを狭くし、入射光量を制限し、写真が露出過多にならないようにします。

もちろん、カメラの絞りアイリスの調整に慣れるには、試行錯誤が必要です。露光量の設定が上手くいかなかった場合は、Adobe Lightroomなどの写真編集ソフトを使用して、撮影後にいつでも露光量を調整できます。

役立つ撮影ヒントをもっと読んでみませんか?

**Lightroom**で露光量を操作すれば、写真の露出で失敗しなくなります。