デジタル一眼レフで「ピンホール写真」を撮る方法

最新のデジタル一眼レフで最古の撮影形式を採用し、幻想的でノスタルジックな写真を撮りましょう。

ピンホールカメラは、光とフィルムを使って撮影する、最も古く、単純な撮影技法の一つです。その懐かしい感じがするシンプルな技法に魅力を感じ、現代のデジタル一眼レフカメラでそのレトロなルックを再現したがる写真家は多くいます。

デジタル一眼レフによる「ピンホール撮影」に必要なもの

デジタル一眼レフをピンホールカメラに変えるのは簡単で、家にすでにある材料で実現可能です。必要なものは次のとおりです。

**デジタル一眼レフカメラ:**言うまでもなく、ピンホールカメラに変身させるデジタル一眼レフカメラが必要です。どんなデジタル一眼レフカメラカメラでも大丈夫です。

**アルミホイル:**写真専門店で手に入るマットブラックのアルミが理想的ですが、家庭用のアルミホイルでも問題ありません。

ピンまたは画鋲:「ピンホール」を作るのに使います。

**テープとはさみ:**電気絶縁テープ、絵画用テープ、ガファーズテープなどの不透明なテープが理想的です。

写真にユニークな効果を加えるためのその他のヒントやテクニックも見てみましょう。

デジタル一眼レフ「ピンホール」カメラの作り方

新しいピンホールカメラを「作る」には、次の簡単な手順に従います。

アルミホイルを約10 x 7.5センチの大きさに切り取ります。

カメラ本体の前面の保護キャップを使用して、切り取ったアルミホイルに円をトレースし、できるだけ丁寧にその円の形に切り取ります。

アルミホイルを光沢面を上にして置き、注意しながらピンを中央に突き刺します。ホイルが皺になったり、破れないように気を付けましょう。

このアルミホイル「絞り」をカメラのレンズマウントにテープで貼り付け、光が漏れないように端もシールで塞ぎます。

新しいデジタル一眼レフピンホールカメラの完成です。これを使えば、レトロスタイルの写真をいつでも撮影できます。今すぐ、Adobe PhotoshopLightroom 使ってノスタルジックな効果を作る方法を学びましょう。