映画の作り方

構想の作成から後処理までの映画の制作方法、および映画制作者からのアドバイスと共に映画制作の概要を学びます。

映画制作の 3 段階

低予算のショートフィルムからハリウッドの長編映画まで、映画を作るプロセスには、大きく分けて事前準備、本番、後処理の3つの段階があります。これらのプロセスを理解することで、時間と予算を最大限に活用し、クリエイティブな作品で成功を収めることができるでしょう。

 

事前準備での作業

映画制作の仕事の多くは、カメラや撮影カメラによる本編の撮影を始めるだいぶ前から行われます。

 

構想を具体化して脚本化

どのような映画でも、最初のバージョンは映画ではなく脚本です。構想が出来ましたら、脚本を自分で書くか、脚本家に依頼します。鑑賞する観客層のことを念頭に置きます。観客が鑑賞したいと望む作品は何か?自身で書いたストーリーは観客を惹きつけることができるかどうか?などを考えます。

 

「作品完成後の配給のこと、そして観客に観てもらうことを考えます。制作した作品が面白いとを観客に感じてもらわないと始まりません」と映画監督のグレッグ・エメタツさんは言います。

脚本をレビューするオーディオディレクター

脚本の仕事はほとんどが手直しからなります。信頼できる人に台本を見せて、その意見を参考に修正していきます。このプロセスを何度も繰り返します。絵コンテを使って、アクション、カメラアングル、カメラの動きを試してみます。

 

事前準備をさらに進める

この段階での準備は映画の規模によって異なります。「小規模な独立プロダクションの場合、その仕事のほとんどが資金調達のために充てられます。大きな作品では、スタジオ側が映画の構想を持ち、制作に関わるすべてのスタッフを雇う必要があります」とエメタツさんは言います。

 

脚本を推敲しながら、構想をどのように具体化し映像化するのかを考えていきます。自分の作品をスムーズに撮影するには、どれくらいの費用がかかるのか、などについても考慮します。最初に雇うのは、ラインプロデューサー、プロダクションマネージャー、アシスタントディレクターなど知識と経験を持ち、スタッフ、セット、衣装、機材など必要なものを準備することができる人です。

 

「事前準備の段階を得意とする人材を見つけてください。スケジュールの作成、電話対応、まとめ役に向いている人です。信頼でき、かつ仕事ができる人がいれば、大きな助けになります」と監督であり講師でもあるデビッド・アンドリュー・ストーラーさんは言います。

 

初期費用の見積もりが驚くほどの高額でも、気を落とす必要はありません。脚本を修正し、構想と予算内に収まるよう映画をスケールダウンします。「200万ドル規模映画の構想があっても、5万ドルで制作すると、風刺映画でもない限りほとんど成功することはありません。空を飛ぶようなアクションシーンが多く、それを映像化するためのリソースがない場合、制作は断念せざるを得ません」とエメタツさんは言います。

動画を録画するカメラの前に座る2人

キャストやスタッフを集める

撮影監督から衣装やセットのデザイナーまで、全員が監督のビジョンを共有し、制作への努力を惜しまないことが大切です。(映画祭や配給会社に個人的なコネがあれば有利です)映画制作は長い共同作業ですから、積極的でない人がいると、全体の流れが乱れてしまいます」とストーラーさんは言います。

 

自分のやろうとしていることを明確にするだけでなく、スタッフが映画制作に期待していることを知ることも大切です。「私はスタッフが何に関心をもっているのか知りたいのです。人は、自分が尊重されていると感じ、自分を成長させる機会が与えられた時、能力以上のことができ、大きな成果を上げることができます」とストーラーさんは言います。

 

制作に携わる人の能力を最大限に活用しましょう。最良の作品とは、監督がビジョンを導きながらも、それをいちいち指示を出さない作品です。そのためには、自分の主張をすべて通すのではなく、人の意見に耳を傾けることが大切です」とストーラーさんは言います。

 

リソースを最大限に活用する

映画を作るには多額の資金が必要なので、できるだけ多くの資金を集めましょう。しかし、利用できる他のリソースも考慮すべきです。初めて映画を作る人は、少ない予算で多くのことをしなければならないので、制作に協力してくれる人や使用できる撮影場所など、他のリソースについて考えるべきです」とストーラーさんは言います。

 

可能な限りの準備を整える

本番前に準備を整えれば、より良い結果が得られます。状況は変わるものですが、少なくとも撮影リストや絵コンテを用意しておけば、直前になっても変更することができます」とエメタツさんは言います。手の込んだ衣装が必要なシーンがあれば、俳優が着脱するための時間とその要員を予算化します。

 

緻密な準備をすることで、予算内で何ができるかを具体的に知ることができます。途中で予算が尽きてしまうよりも、この段階で削ってしまったほうがずっと楽なんです」とエメタツさんは言います。ストーラーさんは、撮影日の 15 分区切りでスケジュールを作成することを勧めています。そうすれば、キャストやスタッフの誰もが、どこにいなければならないのか、何をすべきかが簡単にわかります。このように計画を立てることで、すべてのロケーションのセットアップで何が必要か、また機材のレンタルや保険の必要性はあるかを知ることができます。

 

撮影現場では常に時間が足りないと感じるものです。ですから、できるだけ多くの撮影時間を確保できるよう予算を組む必要があります。撮影監督が作業にかかるすべての時間を短く予想している場合があるので、予測よりも時間がかかることを想定し、余裕を持たせてください」とストーラーさんは言います。

 

新しいシーンを撮影するごとにセットアップに時間がかかりますが、スタッフがいれば複数の作業を短時間でこなすことができます。1 つ目のシーンを撮影している間に、セットデザインは 2 つ目のショットに取り組み、照明担当はそれに適した照明をどうすべきか考えることができます。重要なのは、それらすべてをスケジュール化し、全員がそのスケジュールを把握できるようにすることです。「詳細なスケジュールは絶対必要です」とストーラーさんは言います。

 

制作を成功させるためのコツ

計画を立て、必要な人員も手配しました(予算がない場合は、好意で援助してくれる人を集めました)。スケジュール、場所、機材、衣装、小道具などが決まっています。さて、いよいよシーンのブロック化、つまりカメラの前で役者がどのように動くかを考えます。出演者がリハーサルをしている間に、照明をセットアップして調整することができます。最後に、カメラが回っているか、マイクが録音されているかどうか確認して、映画の撮影を開始します。

 

臨機応変

「予想外のことが起きて上手くいかないことはよくあります」カヌーを漕ぐシーンを撮ろうとしたら、役者がカヌーの漕ぎ方を知らないことがわかりました。これは、誰も予想していなかった大きな問題でした。映画を完成させるために、撮影に必要なことを整えようとしても、問題は起きないということはないのです」とエメタツさんは言います。

 

もしも何かあった場合のバックアッププランを作りましょう。想定外の事態を想定し、不測の事態に備えます。「1 1 秒の時間がとても大切です。時間との戦いには勝たなければなりません」とエメタツさんは付け加えます。

外で座っている人を撮影するカメラクルー
スタジオのセットで箱を組み立てる男性の撮影シーン

スタッフを信頼する

「作業でスタッフがせわしく動いているとき、監督はなかなか集中できないので、そのような状況に対処できる次のような人を確保しておきます。全幅の信頼をおけるスタッフを少なくとも1人は必要です」とストーラーさんは言います。

 

常に観客のことを考える

問題が発生したとき、特にインディーズ映画の制作では、予算を考えながら解決策を模索しなければなりません。入念な撮影をしたいと思っても、その余裕がないかもしれません。 観客のことを中心にして考えれば、本当に必要なシーンは何なのかがわかるでしょう。

 

「観客がストーリーに夢中になり、理解するためには必要なのは何か、このシーンに本当に必要なのか、このシーンだけで7 つもの撮影が必要なのか、ヘリコプターのショットが必要なのか、それとも心配している人のクローズアップが必要なのか?などです。予定していたものとは異なるものがスクリーンに映った場合は?などと考えてみます」とエメタツさんは言います。

 

後処理でまとめ、仕上げる

映像でストーリーを確認していきます。映画学校で学んだこと、映画に対する強い愛情、オンラインチュートリアルなど、あらゆる編集知識を駆使して思い通りの映画を制作しましょう。そして、制作した映画を宣伝していきます。

 

映画を編集する

「すべての映画には 3 つの映画があります。1 つ目は、自分でストーリーを考え書いたもの。2 つ目は、自分で撮影したもの。そして3 つ目は、自分で編集で作り上げるものです」とストーラーさんは言います。突然の出来事で映画の制作が変更されるように、編集の段階でも同様に予期しない出来事が起こるかもしれませんが、起きても対処しなければなりません。

山頂にかかる雲の写真に重なる Adobe Premiere Pro の色補正メニュー

撮り直しという選択肢が特にない場合は、映像編集では主に問題の解決という側面が重要視されます。撮影した映像が美しく、創造的な芸術性にあふれているにしても、間違った部分があれば、それらすべてを修正しなければなりません。繰り返しになりますが、観客のことを考え、観客が何を期待しているのかを考えてください。観客は絵コンテを見たわけでも、脚本を読んだわけでもありません。観客は撮影された映画そのものを鑑賞するので、自分が撮った作品は大切にしましょう」と付け加えます。

 

さまざまなカットやさまざまなシーンの撮影を試してみます。「最初の構想に縛られてはいけません。なぜなら、それは最高の映像ではないかもしれないからです。持てるものを確認し、すべてを変えることを厭わないでください」とストーラーさんは言います。

 

作品は、定期的に編集ソフトウェアに保存します。業界標準の編集ソフトであるAdobe Premiere Proでは、作業中にすべての情報をクラウドに保存することができます。バージョンアップやバックアップ、試行などは計画的に行ってください。編集後の作品に満足しましたら、すべてのカットが予定通りで意味のあるシーンかどうか確認します。

 

次に、しばらくの間フィルムを保管状態にしておきます。頭をリフレッシュできましたら作品を再考し、カットすべき箇所は躊躇せずにカットしていきます。この作業は、スタッフなどに見てもらいます。この作業を何度か繰り返します。「そして、1年間、その作品を保管しておきます」とストーラーさんは言います。納得のいくラフカットができましたら、台詞や効果音音楽などを完成させていきます。

山頂にかかる雲の写真に重なる Adobe Premiere Pro の色補正メニュー

最終的には、カラー補正とカラーグレーディングを行います。監督と編集者は、微妙な変化を加えることで、ムードやトーンを変え、映画全体の出来ばてを向上させたり、特定のシーンを強調したりします。

 

映画を宣伝する

最終のカットが終わりましたら、スタッフに映画の宣伝を依頼します。事前準備を担当する人と同様に、コミュニケーション能力のある人がいると助かります。配給のチャンネルが増えたとはいえ、プロモーションがなければ誰も映画を見てくれません。

 

予告編やポスターを制作する

映画祭に参加したり、配給会社に満足してもらうためには、予告編やショートプロモーションビデオを作る必要がありますまた、オンライン・ストリーミング・プラットフォームが人気の今日、映画のポスターも非常に重要です。制作した映画が最初に見られるのは、小さなサムネイル画像だけかもしれません。そのため、観客はどのようにして映画に魅了されるのかよく考えます。

 

映画フェスティバルに参加する

特に小規模な作品の場合、注目を集める方法のひとつとして、映画祭に応募する方法があります。毎年、世界中で何千もの映画祭が開催されています。たとえば、サンダンス映画祭に参加できなくても心配はいりません。映画祭に出品すれば、配給会社から連絡が来たり、賞を受賞したりして、注目を集めることができます」とエメタツさんは言います。

 

エージェントを見つける

映画の配給を受けるためのもうひとつの方法は、配給エージェントを見つけることです。ある程度の割合で、エージェントが代理でサポートしてくれます。海外での販売は、ほとんどが販売代理店を通じて行われます」とエメタツさんは言います。

 

最初の映画の制作が完了した頃には、以前よりも映画制作の達人(そして少し年をとって)になっていることでしょう。そこで得た貴重な経験を次の作品に活かしていきましょう。

協力

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どこにいても映画テレビ、Web ページに使える印象深い映像を作成できます。

その他のおすすめ...

カメラ用の動画モニター

動画制作

初期段階からファイナルカットまで、動画や映画の制作プロセスを学びます。

デジタル動画編集プログラムで動画を編集する

フィルムカメラ効果

これらの役に立つテクニックを駆使して、作品の芸術性、効率性、情緒性を高めます。

bロール映像の動画コラージュ

bロール

動画編集を容易にし、また視聴者を飽きさせない bロール映像を学びます。

各種レタリングスタイルの例

各種レタリングスタイル
カリグラフィからブロック体ま

Adobe Premiere Pro を使う

業界最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 円(税別)