Adobe Audience Managerと一般データ保護規則(GDPR)

マーケティングキャンペーン管理
一般データ保護規則(GDPR)とは、EUで新たに定められたプライバシー法で、調和されかつ時流に沿ったデータ保護の要件を定めたものです。新たな要件や強化された要件も数多くありますが、中核となるのはデータ保護の一般的な原則です。新しいルールでは個人情報の定義が広範囲にわたっており、適用範囲が拡大されているので、EUに在住する個人に対して製品やサービスのマーケティングを展開するあらゆる企業が影響を受けます。アドビは、信頼されるべきデータ処理者(data processor)の立場としてGDPR遵守に努め、企業のGDPR対応への取り組みを支援します。
space

データの把握

データ処理者としての役割やAdobe Experience Cloudに関連してアドビが実施する措置に加えて、Audience Managerにはいくつかの固有の要件があります。

 

プライバシーバイデザインの伝統
プライバシーバイデザインは、これからもAudience Managerの製品開発プロセスの支柱であり続けます。GDPRの新しい要件により、企業にはデータと関連する制約を適切に管理できるツールが必要になります。
データエクスポートコントロール(業界初の特許申請中)や ロールベースアクセスコントロール機能により、オーディエンスデータへのアクセスとアクティベーションをAudience Managerから直接管理できます。

データソースの管理
Audience Managerでは、DMPへどのデータを取り込むか、どのように取り込むかを、企業が完全に制御できます。アドビから個人を直接識別できるようなデータ(電子メールアドレスや氏名、電話番号など)は、アドビのポリシーにより、Audience Managerに取り込むことは禁止されています。このカテゴリーに該当するデータをAudience Managerに取り込んでセグメント化やアクティベーションをおこなうためには、事前にそれらのデータを企業側でハッシュ化されたIDに変換する必要があります。

GDPRへの対応を進めるにあたって、アドビのコンサルティングチームと協議しながら、どのデータソースとデータの種類がお客様のユースケースに最も近いかを把握することをお勧めします。アドビではハッシュ化や難読化(obfuscation)などのお客様のニーズをサポートする、様々なツールとプライバシー強化テクノロジーを提供しています。

space

検討すべきその他のポイント

 
データガバナンス:個人データ管理方法の検討
 
  • Audience Managerで個人を識別するために使用している各種IDおよびそれらを保存しているデータソースを確認します。特定の種類のデータは、Audience Managerへ取り込む前にハッシュ化することで、削除要求やアクセス要求などの個人の権利にもとづく要求を効率的に処理できるようになります。

 

  • データ主体(Data Subject)からの照会に関わる検証や認証のポリシーとプロセスを確立します。この作業はデータ主体の要求に応じてデータを適切に返すための準備作業としてきわめて重要です。

 

  • データエクスポートコントロールを使用し、個人情報を保有する各種テクノロジーに対してオーディエンスをアクティベートできないようにすることを検討します。例えば、サードパーティデータを含むセグメントを電子メールサービスプロバイダーに提供しないようにする必要があります。従業員が誤ってこれらのデータをアクティベートしてしまうことがないようにデータエクスポートコントロールを設定します。

 

  • ロールベースアクセスコントロールを導入して、適切なチームが、適切なデータのみにアクセスできる体制を構築します。

 

  • IDのリンク状況、プライバシーポリシー、法的要件を確認して、各種のIDを一箇所にまとめるのに適した時期と場所を確かめます。また、Audience Managerのプロファイル結合ルールを通じてこれらを適切に使用します。
 
組織としての対応準備ビジネスプロセスの確立
 
  • データ主体の要求を受け入れて対応するためのプロセスを確立しましょう。また、要求に対応するための自動ツールを作成することも検討しましょう。

 

  • DMPプロジェクトチーム内(Center of Excellence: CoE)でプライバシー担当者を任命しましょう。自社のプライバシー担当者とAudience Managerを利用するチームの間で検討を重ね、入力ID要件の管理方法を理解します。

 

  • データ主体がデータにアクセスできるようにする前に、データレビューを実施します。また、処理要件の記録に関わる監査証跡を確立するための手順を文書化します。

アドビとGDPR

GDPRへの対応を進める上で、どのようにアドビのソリューションが役立つのかをご覧ください。
エクスペリエンスビジネス
Adobe Analytics
Adobe Campaign