シェフ・アンドレスのように共有ドキュメントを活用する方法

複数のユーザーとファイルを共有する必要がある場合、フィードバックを集めたり、わかりやすい注釈を付けたりしようとすると、時間がかかってイライラすることがあります。各自が異なる場所にいる場合はなおさらです。

だからこそ、数々の賞に輝くホセ・アンドレス・シェフは、Adobe Acrobat Pro DCを利用してチームメンバーと共同作業をするのです。シェフ・アンドレスとそのチームには、ファイルの共有で時間を無駄にはできません。彼らは、レストランの営業を続けながらコミュニティを蘇らせる新しい方法を見つけました。

「多くの都市にレストランを展開しているので、どにいても仕事ができなければなりません」とシェフ・アンドレスは言います。Acrobatがあれば、ワシントンにいてもシカゴやニューヨークのレストランのメニューにすぐに注釈を追加できます。「宇宙の反対側に送れるなんて、すばらしいことです。」と彼は言います。 「何事にも勝ります」

共同作業で業務効率アップ

注釈用に送信」のような共同作業ツールを利用して、シェフ・アンドレスは世界中のレストランのメニューにリアルタイムでフィードバックすることができます。「iPadを片手にメモを取り、丸で囲んだり、疑問符を付けたりできます」と シェフ・アンドレスは言います。「その瞬間にあたかもその場にいるかのように共有でき、誰が何をしたかが全員によくわかるのです」

Acrobatがあれば、書式を維持しながら、あらゆる種類のファイルを共有ドキュメントに変換できます。PDFに変換して「共有」ボタンをクリックするだけで、アプリから直接ファイルを共有したり、共有可能なリンクを作成したりできます。

また、特定のレビュー担当者にタグ付けして、質問への回答や説明を求めることもできます。Acrobatがあれば共同作業は簡単です。受信者は、ファイルのダウンロードやサブスクリプションを必要とせずにPDFに注釈を追加できます。同僚にせよクライアントにせよ、どこからでも共有PDFのリンクを開き、デスクトップやモバイルデバイスで注釈を追加することができます。

Acrobat Pro DCによる共同作業

PDFを共有してフィードバックを収集する方法

1.AcrobatでPDFを開きます。

2.共有オプションを選択し、他のユーザーを招待してPDFをレビューしてもらいます。

3.Acrobatウィンドウの右上にある「他のユーザーと共有」アイコンを選択して、カスタマイズしたメッセージと共同作業者の電子メールアドレスを直接追加します。

4.右上にある「このファイルのリンクを共有」アイコンを選択して、リンクを共有します。

受信者は、ログインやダウンロードしなくても、PDFで簡単にフィードバックを提供できます。

レビュー担当者は、@マークに続けて名前を入力することで、タグ付けして他者の特定の注釈を表示できます。レビュー担当者が注釈を追加したり、フィードバックの提供を終えると、レビュー依頼者に通知が届きます。

どこからでもチームワーク。

モバイルデバイスしか持っていなくても心配いりません。こういったすべてのドキュメント共同作業をAdobe Acrobat Readerモバイルアプリでできるのです。名シェフのように料理はできなくても、ドキュメントを共有して共同作業を進めることができます。

ぜひお試しください

このホセ・アンドレス・シェフのサラダレシピをAcrobatでダウンロードして開き、共有しましょう。PDFは、Acrobatから直接送信することも、電子メール、Slack、Microsoft Teams、テキストメッセージを介してリンクを作成して共有することもできます。