PDFドキュメントを共同で編集する方法

PDFをチームでスムーズに作業します。PDFの共同編集とその仕組みをご紹介します。

共同編集は、プロフェッショナルと学生の両方を対象に、ドキュメントを操作する際の最適な基準となりました。その理由は簡単にわかります。関係者全員が、すべての変更を確認し、その変更に即座に貢献できます。しかし、ドキュメントの共同編集とは何でしょうか。

共同編集では、オンラインプラットフォームを使用して、複数のユーザーがPDFなどのドキュメントを同時に操作できます。ただし、どのように機能するかは、使用するツールとサービスに依存します。

クラウド上のユーザーとの共同作業

クラウドベースのファイル共有サービスの中には、アクセス権が与えられている限り、誰もがいつでもPDFを表示したり、PDFを操作したりできるものがあります。このような共同編集により、すべてのユーザーが作業の結果をリアルタイムで確認できます。

しかし、適切なコミュニケーションが取れなければ、作業プロセスが混乱しやすくなります。あまりに急いでいたり、単に不要だと思ったりすると、誰かが重要なコメントを削除するかもしれません。作業中にオンライン通話を継続し、ファイルロールバック機能を備えたプラットフォームを使用します。

1つのアプリから他のユーザーとPDFを共有します。

PDFを共同編集する別の方法として、チームリーダーなどの1人のユーザーが、他のユーザーとファイルを共有してレビューを行うこともできます。編集者にはお互い自分以外の変更が見えませんが、元の共有者はプロジェクトの主導権を握ることができます。これで、作業をより整理することができます。

コラボレーションを開始するには、Adobe Acrobat DCを使用して、まず受信者とPDFを共有します。4つのステップに従うだけです。

AcrobatでPDFを開き、上部のツールバーから「他のユーザーと共有」を選択します。

各受信者の電子メールアドレスを入力します。

「注釈を許可」を選択します。必要に応じて締め切りを設定することもできます。

「送信」を選択します。

送信後、各受信者はPDFを表示し、任意のWebブラウザーでコメントを追加できます。さらに、ファイルを追跡し、リアルタイムでコメント通知を受け取ることができます。

PDFをオンラインで操作する方法は、ほかにもあります。**Acrobat DC**を使用して、あらゆるPDFを扱う方法を紹介します。