LinuxでPDFを圧縮する方法

コマンドラインとオンラインリソースを使用して、Linuxデバイス上のPDFのファイルサイズを小さくする方法をご紹介します。

複数ページのPDFは、電子メールやアップロードを行うには大きすぎる場合があります。大きなPDFを扱いやすくするために、ファイルを圧縮する方法はいくつかあります。LinuxでPDFを圧縮する最良の方法を次に示します。

PDF圧縮には、Linuxのコマンドラインユーティリティを使用します。

DebianまたはUbuntuを実行している場合は、Ghostscriptコマンドラインツールを使用してPDFを圧縮できます。Ghostscriptは、特定のファイルタイプを解釈するソフトウェアで、LinuxデバイスがPDFを読み、編集できるようにします。

最初に、「sudo apt install ghostscript」コマンドを使用してGhostscriptをインストールします。インストール後、次のコマンドを使用してPDFファイルのサイズを圧縮できます。

gs -sDEVICE=pdfwrite -dCompatibilityLevel=1.4 -

dPDFSETTINGS=/screen -dNOPAUSE -dQUIET -dBATCH -

sOutputFile=output.pdf input.pdf

コマンドで、 output.pdfとinput.pdfを選択したファイル名に置き換えます。「dPDFSETTINGS」は、ファイルサイズを選択する場所です。必要に応じて、サフィックス「=/screen」を変更します。

-dPDFSETTINGS=/screen:低品質で、72dpiの小さいサイズ。

-dPDFSETTINGS=/e-book:少し品質が良くなりますが、150dpiでファイルサイズも大きくなります。

-dPDFSETTINGS=/prepress:高品質で大きなサイズを300 dpiで実現します。

-dPDFSETTINGS=/default:システムは最適な出力を選択し、より大きなPDFファイルを作成できます。

プリファレンスを入力したら、コマンドを実行するだけです。新しい圧縮PDFは、元のPDFと同じフォルダに保存されます。

オンラインPDFエディターを使用する方法

コマンドを使い慣れない場合は、Adobe AcrobatオンラインサービスのようなオンラインPDFエディターを使用してPDFを圧縮するのが最も簡単です。WebブラウザーからAcrobatオンラインサービスのWebサイトにアクセスし、3つの簡単なステップに従ってください。

ファイルをアップロードします。

圧縮するPDFを選択します。

ファイルをデバイスにダウンロードします。

オンラインPDFエディターは、品質を落とさずにファイルを圧縮します。ソフトウェアをダウンロードしたり、コマンドを入力する必要はありません。

**Acrobat DCAcrobatオンラインサービス**を使用して、LinuxデバイスからPDFをオンラインで簡単に圧縮できる方法をご紹介します。