OpenOfficeドキュメントをPDFに変換する方法

OpenOfficeドキュメントをPDFに簡単に変換する方法を説明します。ドキュメントを共有する際に発生する、互換性の問題を回避するための手順をご紹介します。

OpenOfficeは、テキストドキュメントを作成するためのワードプロセッサー、計算を実行するスプレッドシート、プレゼンテーションアプリ、および描画を作成する機能を備えたオープンソースのオフィス生産性ソフトウェアです。OpenOfficeは様々なオペレーティングシステムで動作し、様々なファイル拡張子を持つファイルを作成することができます。

OpenOfficeドキュメントを共有する際に他のソフトウェアと互換性を持たせるためには、まずドキュメントをPDFに変換します。PDFはドキュメントの交換や発表の際に利用できる標準的な形式です。簡単ですぐできる操作で、OpenOfficeで作成したファイルをPDFに変換することができます。

OpenOfficeドキュメントをPDFに変換する手順

Adobe Acrobat DCを使用することで、あらゆるテキスト、画像、WebページをPDFに変換できます。OpenOfficeファイルも変換可能です。

次の5つの簡単な手順に従って、OpenOfficeドキュメントをPDFに変換しましょう。

Acrobatで、ツールメニューから「PDFを作成 (Create PDF)」オプションに移動

「ファイルを選択 (Select A File)」をクリックし、OpenOfficeドキュメントの場所に移動

変換するファイルをクリック

「作成 (Create)」を選択

保存アイコンをクリックし、新しいPDFを目的の場所に保存

PDFドキュメントを扱う際の利点の1つは、ほぼユニバーサルに読むことができるということです。オペレーティングシステムやソフトウェアに関係なく、OpenOfficeアプリケーションで作成されたドキュメントを他の人が開いて表示することができます。

OpenOfficeファイルを変換し、 **Acrobat**でできる他のすべての操作を試して、PDFを操作してみましょう。