プリンターファイルをPDFに変換する方法

PRNという拡張子の付いた馴染みのないファイルを受け取ったらどうすればよいでしょうか?このチュートリアルを活用して、PDFに変換して作業を続行しましょう。

PRNファイル(プリンターファイル)には、プリンターでドキュメントを正しく印刷するために必要なポストスクリプトに関する説明が含まれています。ほとんどのオフィスソフトウェアで作成でき、複雑なファイルを印刷目的で共有する場合に便利です。とはいえ、それ以外のことにはあまり向いていません。

ただし、PRNファイルのドキュメントを表示または共有する必要が生じる場合があります。オリジナルファイルにアクセスできない場合は、PRNをPDFに変換すると便利です。PDFの方がずっと使いやすく、閲覧しやすく、編集しやすい形式です。

PRNファイルをPDFに変換する方法

PRN変換の利点は、時間があまりかからないことです。Adobe Acrobat DCと同様な適切なソフトウェアを使用すれば、PRNファイルをあらゆる場所で表示し、PDFとして保存できます。手順は以下のとおりです。

Acrobatを起動し、「ファイル」>「開く」を選択します。

PRNファイルを選択します。ドラッグアンドドロップすることもできます。

ファイルが読み込まれたら、「ファイル」>「別名で保存」を選択します。

「別名で保存」ダイアログで、ファイル形式がPDFに設定されていることを確認します。

PDFの保存場所を選択し、必要に応じてファイル名を変更します。

「保存」をクリックすると完了します。

新たなPDFをフル活用する方法

PRNをPDFに変換したので、さらに編集を進めましょう。ファイルが大きすぎる場合でも、簡単に圧縮したり、他のPDFと結合したり、テキストや注釈を追加したりできます。

**Acrobat DC**を使用して、様々な機能を見つけましょう。