WebページをPDFに変換する方法

インターネットにアクセスしなくても、Webサイトを外出先で見ることができます。このチュートリアルでは、WebページをPDFに変換する方法を説明します。

Webページを表示する最も簡単な方法は、ブラウザーを使用してページにアクセスすることですが、それが常に可能とは限りません。インターネットにアクセスできない場所で会議に出席する場合や、Webサイトの機能の一部をハイライト表示してコメントやメモを付けながら、一緒に働くデベロッパーに伝えたいこともあるでしょう。

良い方法があります。 WebページをPDFに変換できるのです。さらに良いことに、変換は簡単にできます。HTMLコードを1行も書けなくても大丈夫です。Adobe Acrobat DCを使用して、Webページを簡単にPDFとして保存する方法をご紹介します。

ブラウザーで開いているWebページを変換する

ブラウザーで開いているWebページをPDFに変換する最も速い方法は、Adobe PDFツールバーを活用することです。ツールバーがブラウザーにインストールされている場合は、「PDFに変換」ツールを選択するだけです。新しいPDFファイルに名前を付け、「保存」を選択すると、変換が完了します。

Webサイト全体をPDFに変換する

その他の機能やオプションが必要な場合は、Acrobat DCで変換を行ってください。この5つの手順に従うだけです:

ツールビューで「PDFを作成」ツールを起動します。

変換の種類として「Webページ」を選択します。

WebページのURLにペーストするか、「参照」を選択して、HTMLファイルを手動で指定します。

変換の環境設定を行います。

「作成」を選択してPDFを保存します。

変換したPDFを修正します。

変換されたPDFは、元のWebサイトと同様に、すべてのリンク、画像、グラフィックと共に機能します。しかもPDFなので、Acrobatを使用して、注釈、テキスト、メモなどを追加することができます。

**Acrobat DC**で現在できることをすべて見てみましょう。