Chromebookで入力可能なPDFを作成する方法

Chromebookで入力可能なカスタムPDFを作成するために必要なのは、WebベースのPDF管理アプリと、この簡単なヒントのみです。

PDFは情報を共有し、ドキュメントの形式を変更せずに保つことができます。同僚、顧客、または他の学生から情報を収集する必要がある場合、入力可能なPDFフォームを使用すると簡単に情報を収集できます。Chromebookで入力可能なPDFを作成するには、次のガイドラインに沿って作業を進めましょう。

Webベースのアプリケーションを活用する

Chromebookは汎用性が高く軽量です。ただし独自のオペレーティングシステムを使用しているので、ダウンロード可能なデスクトッププログラムではなく、Webベースのアプリケーションにアクセスする必要があります。

PDF管理用のWebベースのアプリはChromebookでも使いやすく、ソフトウェアの互換性に関する問題の心配もありません。どのアプリを選択するか迷う場合は、Adobe Acrobat DCから始めましょう。入力可能なPDFを作成し、Acrobatオンラインサービスで共有することもできます。

フォームフィールドで情報を収集する

フォームを作成するには、WebベースのPDFアプリにログインし、テンプレートを使用して始めるか、他の方法で一からフォームを作成することができます。

次に、収集する情報の種類(名前、住所、電話番号など)を考え、それぞれに対してフォームフィールドを作成します。フォームフィールドとは、空欄、チェックボックス、ラジオボタンなどのことで、記入可能なPDFに情報を入力してもらうためのものです。PDFへの入力と署名の方法について、詳細をご覧ください。

フォームに必要なフィールドがすべて揃ったら、PDF形式(.pdf)で保存し、共有を開始します。**Acrobat DC**でできることすべてを今すぐご覧ください。