iPhoneで入力可能なPDFを作成する方法

iPhoneから直接誰とでも共有できる入力可能なPDFを簡単に作成する方法をご紹介します。

学生、経営者、その他プロフェッショナルは、安全に情報を送受信するために、PDFを利用してさまざまな場所で作業を行っています。ドキュメントを共有する多目的な方法で、どのデバイスでも(iPhoneでも)簡単に共有できます。iPhoneで入力可能なPDFを作成し、世界中の誰とでも共有する方法を学ぶには、次の手順に従います。

iPhoneで新しいドキュメントを作成します。

デジタルドキュメントのドラフトを作成するには、携帯電話にワープロまたはPDFマネージャーアプリが必要です。まだお持ちでない場合は、Adobe Acrobat DCを使って始めるか、Acrobatオンラインサービスを探索してみましょう。

アプリを開き、次のいずれかの方法でデジタルドキュメントを作成します。

テンプレートを選択

iPhoneのカメラで紙の書類をスキャン

ドキュメントを一から作成

入力可能なPDFに必要なもの(紹介テキスト、フォームの説明など)をすべて含めてください。完了したら、デジタルドキュメントをPDFファイル(.pdf)として保存します。

フィールドを識別し、入力可能なPDFを送信および共有します。

電子ドキュメントを作成したら、名前、連絡先情報、署名、その他必要な情報を取り込むフィールドを追加できます。

上記の手順で紙の書類をスキャンした場合は、フィールドが自動的に表示されます。Adobe Fill & Signモバイルアプリを使用して、外出先で情報と署名をすぐに入力できます。テンプレートを使用して作業を開始するか、フォームを一から作成する場合は、フィールドを作成する方法をさらに探索します。

ドキュメントに必要なフィールドがすべて揃ったら、ドキュメントをiPhoneから直接を入力可能なPDFとして送信し、共有できます。**Acrobat DC**で今日、何ができるかを見つけてください。