Macで入力可能なPDFを作成する方法

これらのガイドラインを参考にすれば数分で、入力可能なPDFをMacで作成、送信、共有できます。

PDF(Portable Document Format)ファイルは、他のユーザーとドキュメントを共有する最も一般的な方法の1つです。銀行の取引明細書のようなオンラインフォームをダウンロードしたことがあれば、それはPDFだったと思います。そしてこれらが一般的に使用されている理由は、あらゆるデバイス(デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなど)で開けるように設計されているからです。

ただしPDFはどこでも簡単に表示できますが、Macコンピューターでは編集が難しい場合があります。特に、他のユーザーにフォームに入力してもらいたい場合です。Macで入力可能なPDFを作成する方法に関するヒントをご紹介します。

ドキュメントを作り上げる方法

いずれかのワードプロセッサーやテンプレートを使用して、ドキュメントの初稿を作成します。完了したら、PDFとして書き出しが可能であることを確認します。

フォームの説明や各フォームフィールドの名前など、入力可能な最終PDFに表示するものすべてを含めます。PDFに署名してもらいたい場合は署名欄も追加できます。次にドキュメントに校正刷りを付け、PDF形式(.pdf)でMacに保存します。

ドキュメントを入力可能なフォームに変換する方法

次に、PDF管理アプリケーションが必要になります。Macにまだインストールしていない場合は、Adobe Acrobat DCまたはAcrobatオンラインサービスからPDFを簡単に操作できます。Acrobatのデスクトップアプリケーションを使用している場合は、次の簡単な手順に従って入力可能なフォームを完成させます。

アプリケーションを開き、「ツール」タブをクリックして、「フォームを準備」を選択します。

ドキュメントをアップロードします。

必要に応じてフォームフィールドを追加します。

フォームをPDFとして保存し、ダウンロードします。

入力可能なフォームを他の学生、同僚、チームメイトと共有し、**Acrobat DC**の活用法を確認することができます。