Chromebookで、PDFに描画して編集効果を向上

Adobe Acrobatのオンラインサービスでは、Chromebookを使用してPDFに直接描画できます。編集が必要な箇所や、コンテンツの位置を変更する必要がある箇所を的確に指摘することができます。

テキスト編集ツールでは、自分の言いたいことを正確に伝えることができない場合があります。Acrobatのオンラインサービスを使えば、既存の画像を新たに配置すべき場所に印をつけたり、削除すべきコピーに線を引いたりと、さまざまなことができます。

ChromebookでPDFに描画する方法

Chromebookで、Acrobatのオンラインサービスにアクセスして、PDFを編集します。「ファイルを選択」をクリックするか、ファイルをドロップゾーンにドラッグ&ドロップします。Adobe、GoogleまたはAppleアカウントにログインして、ドキュメントをオンラインで編集します。

ツールバーで描画ツールを選択し、PDFにフリーハンドで描画します。濃淡の異なる数多くの色から選ぶことができ、目盛りを使って描く線の太さを選択することもできます。プロジェクトの共同作業者に描画について説明する必要がある場合は、サイドバーの注釈機能を選択して、コメントを残します。

描画ツールを使用すると、次の操作を行うことができます。

パンフレット内のグラフィックをどのように再構成したいかをマークします。

ドキュメント内のテキストの流れを表示します。

描画することで、PDF内の編集提案をわかりやすく示します。

マークアップ が完了したら、「ダウンロード」をクリックしてファイルをデバイスに保存します。またはPDFへのリンクを共有者と共有して、オンラインで 編集内容を確認することもできます。

Acrobatオンラインサービスを使用した、PDFワークフローを効率化する新しいツールを紹介します