iPhoneでPDFを墨消しする方法

機密情報を含むPDFを外出先で送信する必要がある場合、どうすればいいでしょうか。iPhoneからPDFから情報を墨消しする方法をご紹介します。

情報の中には共有したくないものがあります。一部のドキュメントには、クレジットカード番号、マイナンバー、自宅住所など、他者と共有したくない機密データが含まれています。外出先でドキュメントを送信する前に、iPhoneを使用してPDFから墨消しする方法を学習します。

PDFスキャナを使用して手動で情報を墨消しする

紙の書類がある場合は、iPhoneで簡単に情報を墨消しし、PDFのセキュリティを強化できます。Adobe Scanモバイルアプリを使用すると、物理ドキュメントの写真を撮り、デバイスに優しいPDFに変換できます。

機密情報を含むドキュメントの場合は、太いペンやマーカーで情報を消し、テキストや画像が完全に見えなくなったことを確認し、iPhoneでドキュメントをスキャンします。PDFを作成すると、情報を復元できなくなり、データが安全に保たれます。

スキャンしたドキュメントをPDFエディターに送信する

デジタル墨消しを好む方は、スキャンモバイルアプリを使用してPDFをDocument Cloudに送信し、Adobe Acrobat DCなどのPDFエディターを使用して情報を墨消しできます。

PDFエディターは、機密情報にカラーバーを重ねるだけではありません。PDFからデータが完全に削除されるため、どんなに技術に詳しい人でもデータを復元できません。情報の流出を気にせずに、自由にドキュメントを送ることができます。

個人用PDFや仕事用PDFを、機密情報と共に作成、管理、安全に送信する方法については、**Acrobat DC**を参照してください。