PDFの墨消しを削除する最適な方法

PDFの墨消しを削除して情報を復元する方法をご紹介します。

墨消しは、フォームやドキュメントの機密情報を隠すのに最適な方法ですが、もう一度確認する必要が生じる場合もあります。元のファイルにアクセスできる場合は、PDF内の墨消しを削除できます。

元のPDFファイルからの墨消しの削除。

エディターを使用してPDFの情報を墨消しすると、元のPDFと墨消しPDFの2つのファイルが別々に作成されます。

元のファイルにアクセスできる場合は、PDF内の墨消しを簡単に削除できます。画面上部の「編集」タブをクリックし、「テキストと画像を墨消し」を選択します。新しい墨消しを追加したり、既存の墨消しを削除したりできます。墨消しを取り除くと、色の付いた棒は消え、下の情報が表示されます。

これは、墨消しファイルだけでなく、元のPDFにアクセスできる場合にのみ有効です。墨消しを適用してファイルを保存すると、情報を取り戻す方法はありません。元のPDFを墨消し版で上書きすると、墨消しされた情報は永久に消え去ります。

PDFエディターを使用して、墨消しを追加、削除、および変更します。

PDF上の機密情報を非表示にする必要がある場合は、テキストや画像の上に色付きのバーを追加するだけでは不十分です。

データを非公開にする最も良い方法は、Adobe Acrobat DCのようなPDFエディターを使用する方法です。PDFエディターは実際にファイルから情報を削除するため、どんなに技術に精通した人でも機密データにアクセスできなくなります。

機密情報を盗み見られないようにPDFをスキャンおよび管理する **Acrobat DC**の機能をご紹介します。