PDFドキュメントを保護する方法

機密情報を含むPDFを安全に共有できます。セキュリティと安心を保つために、パスワードを使用してドキュメントを暗号化します。

機密情報を含むPDFを共有する場合は、その情報を保護する対策を講じる必要があります。税務情報、契約書類、または設計案を共有している場合でも、適切なドキュメントセキュリティにより、適切なユーザーのみがPDFを表示できます。

Adobe Acrobat DCを使用してPDFドキュメントを保護する方法をご紹介します。

ドキュメントを保護する方法

Acrobat DCを起動し、「ツール」>「保護」を選択してドキュメントのセキュリティオプションに移動します。PDFを見つけたら、保護設定を設定します。

PDFは、何とおりもの方法で保護できます。「編集を制限」オプションを使用すると、ドキュメントの編集をパスワードで防止できます。ファイルを開いて表示できても、PDFを編集するにはパスワードを知っている必要があります。

「暗号化」オプションを使用すると、証明書またはパスワードを使用してドキュメント全体のセキュリティを確保できます。つまり、適切な資格情報を持たないユーザーはPDFを開くことができません。「隠し情報を削除」オプションを使用して、見えないデータを特定できる可能性のあるデータをドキュメントから消去することもできます。

ドキュメントをセキュリティで保護したら、新しいファイルとして保存し、共有します。

ドキュメントをオンラインで保護する方法

移動中の場合は、Acrobatオンラインサービスを使用して、ノートパソコンまたはモバイルデバイス上でドキュメントをセキュリティで保護することもできます。Webブラウザを使用して、PDFの保護ツールに移動し、ドキュメントをアップロードし、セキュリティで保護されたパスワードを入力し、安全な共有のためにPDFをダウンロードします。

**Acrobat DCAcrobatオンラインサービス**で、PDfの操作をこれまで以上に簡単にあらゆる操作ができます。