オンラインでファイルを共有する方法

最も一般的なファイル共有方法と、PDFをインターネットで共有する方法をご紹介します。

郵便で何日もかけて書類を送る時代は終わりました。インターネット上で物理的な製品をデジタル化して送信することはできませんが、オンラインでのファイル共有は、フォームや契約書などのドキュメントを入手する方法です。しかし、多くのオプションを利用できるので、ファイルを共有する最良の方法を選ぶにはどうすれば良いでしょうか?

ファイルをオンラインで共有する方法を見てみましょう。

従来のファイル共有サービスを使用します。

ファイルをオンラインで無料で共有する最も一般的な方法は、電子メールの添付ファイルとして送信することです。これは有効なソリューションですが、添付ファイルのサイズに制限があります。また、複数の添付ファイルを含む受信トレイが散乱状態になる場合もあります。ただし、別々のフォルダにすべてを整理する作業に多大な労力を費やした場合は除きます。

ほとんどの人にとって便利なのは、クラウドベースの多数のファイル共有サービスの1つを使用する方法です。各サービスはそれぞれ特定の機能を備えていますが、基本的にはどれも複数のファイルを1か所に保存するのに適しています。また、追加のバックアップとしても機能します。

アプリケーションから直接ファイルを共有します。

しかし、ほとんどのクラウドサービスでは、これらのファイルをオンラインで操作することは許可されていません。このため、多くのドキュメントエディターで、ソフトウェアから直接ファイルを共有し、編集機能を維持できるようになりました。

例えば、Adobe Acrobat DCを使用すると、他のユーザーとPDFファイルを共有して、簡単にレビューやコメントを得ることができます。手順は以下のとおりです。

MacまたはPCのAcrobat DCでドキュメントを開きます。

上部ツールバーの「他のユーザーと共有」ボタンを選択します。

各受信者の電子メールアドレスを入力します。

「コメントを許可」を選択し、必要に応じて期限を設定します。

「送信」を選択します。

送信後は、受信者は任意のWebブラウザーでファイルにコメントを表示および追加できます。また、誰かがコメントを残したときに、ファイルを追跡し、リアルタイムで更新を受け取ることができます。

PDFをオンラインで操作するその他の方法もいろいろあります。**Acrobat DC**でできることをすべて見てみましょう。