iPhoneでPDFを共有する方法

外出先でも簡単にPDFを共有できるほか、ドキュメントの閲覧、編集、署名などができるモバイルPDFツールもご紹介します。

デジタル化が進む中で、iPhoneからファイルを送信する機能は、外出先や移動中でも作業を継続する際に役立ちます。簡単な手順をいくつか行うだけで、スマートフォンからPDFをすぐに共有することができます。

iPhoneから直接PDFを送信する方法

たまにしかiPhoneからPDFを送信しない場合は、iOSに搭載されている「ファイル」アプリから直接PDFを送信することをお勧めします。手順は次のとおりです。

ファイルアプリに移動します。

任意のドキュメントを開きます。

画面の左下にある共有アイコンをタップします。

PDFの共有方法を選択します。

一部のオプションには、AirDrop、メッセージ、メールを使用したPDFの送信が含まれます。サードパーティ製アプリケーション(WhatsAppなど)が接続されている場合は、対応するオプションが表示されます。

使いやすいアプリを使用してPDFを送信する方法

オンラインやデスクトップでPDFファイルを扱うことが多い方はAdobe Acrobat Readerなどのモバイルアプリを使えば、移動中でもファイルの管理を続けることができます。世界のどこにいても、チームメンバーと共同作業を簡単に行うことができます。手順は次のとおりです。

Acrobatアプリを開きます。

送信するPDFに移動します。

画面の右上にある送信アイコンをタップします。

新しいダイアログボックスでは、メールで共有するか、AirDrop、メッセージ、WhatsAppなどの他のサードパーティ製アプリを使用してコピーを送信するかを選択できます。

共有の他にも、このアプリには用途に適したさまざまなツールが用意されています。さらに、Adobe Acrobat DCを使用すると、ファイルの編集、作成、書き出し、整理、組み合わせなど、PDFをさらに活用することができます。

今すぐ**Acrobat**を使って、PDFのパフォーマンスを向上させましょう。