MacでPDFを共有する方法

この記事では、Mac上のPDFリーダーを使用しながら簡単でシンプルな手順でPDFを共有する方法をご紹介します。

PDFは、ワークフローを最適化する迅速で簡単な方法になりました。モバイルデバイス上やデスクトップ上のPDFを検索する簡単でしかも効果的な操作から、契約の署名、情報の墨消し、スナップでフォームを作成できる効率的なショートカットに至るまで、日常業務におけるPDFの実装は他の何にも例えにくいものです。

PDFの共有は、検索や作成と同じくらい簡単であることをご存じでしたか?本当です。以下で、MacでPDFを共有する方法を詳しくご説明します。

MacでPDFを共有する方法

MacでPDFを共有する方法を覚えると、複製も簡単にできます。このショートカットを使用すると、ファイルをPDFに変換したり、ドキュメントに署名したりするPDFプロセスの合理化に役立ちます。

ここで示すのは、Macを使用してPDFリーダーからコンテンツとPDFを共有する方法を説明するステップバイステップ形式のガイドです。Macは他の種類のPCとは異なるので、ここに示す手順はWindowsや他のオペレーティングシステムには適用されない場合があります。

Mac上でAcrobatでPDFを開きます。

上部ツールバーの「他のユーザーと共有」アイコンを選択します。

メールアドレスを追加するか、近くのデバイスにエアドロップして、ファイルを共有します。

「ホーム」タブをクリックし、「共有」、「共有者」の順に選択して、PDFアクティビティを追跡します。

PDFポータルのロックを解除します。

数回のクリックで、Macから瞬時にPDFを共有できます。これらの簡単で迅速な手順により、ワークフローも積極的かつ効率的に合理化されます。退屈なコンテンツ共有プロセスを繰り返す必要はありません。

PDFを変換、共有、送信するために、 **Adobe Acrobat DCおよびAcrobatオンラインサービス**を使用して、他に何ができるかを確認します。