オンラインPDFファイルをより安全に保存する方法

ファイルを任意のクラウドプラットフォームに安全に保存できます。PDFをパスワードとデジタル証明書で保護する方法をご紹介します。

外付けハードドライブが最も注目を集めたのは、いつからでしたか?今でも使用する人もいますが、現在のほとんどの人はクラウドファイルストレージに依存しています。しかし、ハードディスクドライブの故障を気にする必要はありませんが、オンラインファイルストレージは独自のリスクを伴います。

他のユーザーのコンピュータを使用した後にクラウドからログアウトし忘れた場合、次にそのコンピュータを使用するユーザーは、自分のファイルにアクセスできます。さらに悪いことに、パスワードを知っていれば、誰でもどこからでもドキュメントをのぞき見できてしまいます。そのため、個々のPDFを保護して、より安全なオンラインファイルの保存を実現することをお勧めします。

PDFを保護する方法

Adobe Acrobat DCを使用すると、PDFへの不正なアクセスを簡単にブロックできます。まず、Acrobat DCを起動し、「ツール」メニューから「保護」ツールを選択します。次に、暗号化機能を使用して、PDFのパスワードまたはデジタル証明書を設定できます。デジタルキーがないと、誰もファイルを開けません。

他のユーザーがファイルを編集できないようにする場合は、「編集を制限」機能を使用して、一部またはすべての編集機能をロックします。「隠し情報を削除」ツールを使用すると、非表示の識別データを消去できます。PDFが安全になったら、保存してお気に入りのクラウドプラットフォームにアップロードします。

PDFパスワードをオンラインで設定する方法

また、Acrobatオンラインサービスを使用すると、どのデバイスでもPDFを迅速にパスワード保護できます。任意のWebブラウザでPDFの保護ツールに移動し、ファイルをアップロードします。安全なパスワードを入力し、PDFをダウンロードします。これで、安全なファイル・ストレージ用に転送する準備が整いました。

**Acrobat DCAcrobatオンラインサービス**で、PDFのセキュリティ、共有、操作など、これまで以上に簡単にPDFを活用できます。